お金にまつわるニュース

日本の家計金融資産が初の2000兆円を突破!

日本の家計金融資産が初の2000兆円を突破!

家計の金融資産が初めて2000兆円の大台を突破し、過去最高を更新しました。

円安・株高で投資信託などの保有額が膨らんだ半面、新型コロナウイルス禍で個人消費の回復は鈍く、現預金は過去30年で2倍に増えたのです。

同期間の賃金が横ばいで推移し、若年層を中心に社会保障などの将来不安が根強いことが個人マネーを預貯金に眠らせています。

滞留する個人マネーは、成長なき日本経済の実情を映し出しています。


日本の家計金融資産が初の2000兆円を突破

日本の家計金融資産が初の2000兆円を突破

日銀が2022年3月17日発表した2021年10~12月期の資金循環統計(速報)によると、21年末時点での家計の金融資産は前年同期比で4・5%増の2023兆円と初めて2000兆円を突破しました。

最も多かったのは現預金で1092兆円と全体の54%を占めています。

金融資産が初めて1000兆円を超えたのは1992年で、30年かけて2倍になりました。


新型コロナ禍も結果的に金融資産を増やす要因になりました。

家計と企業の金融資産は20年3月末と比べて、それぞれ200兆円ほど増えた。新型コロナ対応の給付金などで預金が増えたためです。


家計の金融資産に占める現預金比率は日本が突出している

米欧と比べると、家計の金融資産に占める現預金比率は日本が突出しています。

米国は1割、ユーロ圏が3割といずれも日本の5割を下回っているのです。

金融資産のうち投信は20・4%増の94兆円と過去最高を更新したものの、主因は株式相場の上昇です。

株式も15・5%増と大幅に伸びましたが、金融資産全体に占める比率は1割程度にとどまっています。


日本の家計金融資産が増えたからと言って、日本が豊かになったわけではない

日本の家計金融資産が増えたからと言って、日本が豊かになったわけではない

金融資産の膨張が豊かさを反映しているとは言い切れません。

日本経済はバブル崩壊後、低成長が続いてきた。国内総生産(GDP)は540兆円ほどで伸び悩み、足元はコロナ禍前の水準をなお下回ったままです。

1990年代後半からは潜在成長率が米欧を下回る状況が定着しています。

家計の金融資産が成長マネーにまわらない一方、低成長で現預金の滞留を迫られる悪循環に陥っています。


節約する理由は賃金が上がらないから

なぜ節約志向が強いのでしょうか?

一因は上がらない賃金です。

経済協力開発機構(OECD)によると、過去30年間で米国の名目平均年収は2・6倍、ドイツやフランスも2倍程度に増えましたが日本はわずか4%の上昇にとどまっています。

少子高齢化で若年層を中心に社会保障への不安も根強く、家計の節約志向は解けないままです。


金融機関も積極的な投資を控えている

家計がマネーを投資に回さなくても預貯金を預かる金融機関が投融資にまわせば、日本経済は活性化するはずです。

ところが、金融機関の預金がどれだけ貸し出しにまわっているかを示す預貸率は2021年3月末に58・1%まで低下しています。

金融機関はひたすら国債に資金を振り向けているのです。

社会保障への支出が増え続ける政府も公共事業や成長事業に資金を向ける余力が減り、日本経済全体でみればマネーが成長投資に十分に回っていない構図が浮かびあがります。


バブル崩壊やリーマンショックによって投資に及び腰になっている

バブル崩壊やリーマン危機で損失を出したトラウマ世代に金融資産が偏っていることもマネー循環を妨げています。

岡三証券の21年夏の試算によると、毎月1万円を日経平均株価に投資し続けた場合の長期運用利回りは1980年代開始だと2%程度であるのに対し、2013年以降なら5~22%になります。

成長分野に資金を回すには、税制などを通じてトラウマの無い新たな世代に資金を移しやすくするなどの制度整備が必要になります。


まとめ

まとめ

日銀が2022年3月17日発表した2021年10~12月期の資金循環統計(速報)によると、21年末時点での家計の金融資産は前年同期比で4・5%増の2023兆円と初めて2000兆円を突破しました。

金融資産が初めて1000兆円を超えたのは1992年で、30年かけて2倍になりました。


米欧と比べると、家計の金融資産に占める現預金比率は日本が突出しています。

米国は1割、ユーロ圏が3割といずれも日本の5割を下回っているのです。


賃上げや設備投資を通じた景気の好循環をどのように描くか。「豊かさなき2000兆円」は日本経済の停滞を映し出す一方、コロナ禍における財政・金融政策の検証も求めている。



株式投資の始め方が分かる初心者におすすめの本7選

老後2000万円問題などによって、株に興味を持っている人は少なくありません。しかし、実際にどのように始めたらよいのか分からない人も多いでしょう。この記事では、株式投資の始め方が分かる初心者におすすめの ...

続きを見る




-お金にまつわるニュース
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.