テクニカル分析

テクニカル分析「RCI」をわかりやすく解説

株価チャート RCI

RCI=順位相関指数はテクニカル指標の一つで、オシレーター系指標に分類されます。

テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理

順位相関指数  RCIとは

RCIチャート
  • RCIとは、テクニカルチャートのひとつで、「Rank Correlation Index」の頭文字をとった略語。

  • 「日付」と「株価」それぞれに順位を付け、両者にどれだけの相関関係があるのかを数値化したもの。

  • 買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標。

RCIの見方

RCI 0ライン
  • RCIは一本の線で表されます。

  • 中央値の0ラインを境に+0~+100%が上昇基調。-0~-100%が下降基調。


RCIの使い方


買いシグナル

RCI上昇
  • 売られ過ぎの-100に接近した後、反転上昇し始め時。

  • -80以下の水準から-80以上に上昇した時。

  • マイナス圏からプラス圏に転じた時。

  • マイナス圏で反発した時。


売りシグナル

RCI反落
  • 買われ過ぎの+100に接近した後、反転下落し始めた時。

  • +80以上の水準から+80以下に下落した時。

  • プラス圏からマインナス圏に転じた時。

  • プラス圏で反落した時。


0ラインを境に

ボックス相場においては、RCIが0ラインの上に位置し、距離が離れるほどその後に下落する余地が大きくなる。

RCIの有効な相場

トレンド相場 ボックス相場

RCIはオシレータ系指標に分類されるテクニカル指標ですので、効果が発揮する相場は、

  • ボックス相場。
  • ゆるやかなトレンド相場。

に限ります。

株価がボックス相場でRCIにトレンドが現れているのが理想です。


急激な株のトレンド相場では、RCIが出すシグナルを信頼するのは禁物です。


RCI の「日付」と「株価」の順位づけとは


日付の順位づけ

例えば、本日が金曜日とした過去1週間の期間における「日付の順位」は、木曜日が1位、水曜日が2位・・・月曜日が4位となります 。

株価の順位づけ

月曜から週末まで毎日高値を更新する上昇トレンドだった場合、金曜日が1位、木曜日が2位、…月曜日は5位となります。

RCI %表記

  • 月曜から金曜まで毎日高値を更新する上昇トレンドだった場合、RCIは+100になります。

  • 月曜日が高値で、毎日高値を切り下げる下落トレンドだった場合、RCIは-100になります。


RCIの計算式

$$RCI={1-\dfrac {6d}{n\left( n^{2}-1\right) }}×100$$

d:日付の順位と価格の差を2乗し、合計した数値
n:期間

日付の順位は当日(最新の日付)を「1」にします。そして、遡りながら「2、3、4、…」と順位づけ。
価格はその計算期間の中での高い順に「1」から順位づけ

RCIの特徴 

RCIは「価格の幅」に左右されません。

日付と価格の順位付けで上下するチャートなので、価格が1日で2倍になろうとも1日は1日です。

その関係でチャートはとても滑らかに表現されます。


RCI まとめ

  • RCIチャートにトレンドが現れていないと売買サインが現れない。

  • チャートが滑らかなので方向性がわかりやすい。

  • 買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標。

  • 株価がボックス相場でRCIにトレンドが現れているのが望ましい。


MACDチャート
MACDとは?見方や使い方、注意点をわかりやすく解説

MACD=移動平均収束拡散法はテクニカル指標の一つで、オシレーター系指標に分類されます。 関連記事 ・テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ MACDとは?(移動 ...

続きを見る

テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理

いきないテクニカル分析を勉強しても、理解するのが難しいです。この記事では、これからテクニカル分析を始めようと思った人のために「テクニカル分析の基礎知識」を解説していきます。この記事を読めば、テクニカル ...

続きを見る

-テクニカル分析

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.