住宅ローン

住宅ローンは「教育費」を考慮しないで借り入れると破綻する

住宅ローンは「教育費」を考慮しないで借り入れると破綻する

住宅ローンの返済は 35年など長期にわたります。

そのため、借入時の家計収支なら問題なくても、家族が増えたり、子どもが進学するなどして支出が増大することはよくあることです。


将来の収支を想定し、返済計画を立てて借り入れを行わないと、住宅ローン破綻を招いてしまいます。


この記事では、「ライフプランを策定する重要性」「子どもの教育費」について解説していきます。


ライフプランを策定する重要性

ライフプランを策定する重要性

今現在は住宅ローンを組むことができても、将来収入が減ったり、支出が増えたりすると家計が破綻してしまいます。

そんな事態を防ぐために、やっておきたいのがライフプラン作りです。


おもな目的は「無理のない毎月の返済額」と「退職後の残債」の確認です。

残債について繰り上げ返済などで、退職前の処理を考えなくてはいけません。


あまり難しく考えず、住宅購入とともに進学やレジャーなど、家族の夢や目標を実現していく計画を検証するためのツールと考えましょう。

自分と家族に合った資金計画を見通すことにより、無理をせずに、きちんと返済していける借入額を算出することができます。


同時に、繰り上げ返済の金額やタイミング、原資の蓄財ペースを確認するのにも役立ち、計画的に残債を減らしていくことも可能になります。



教育費が増大する時期を把握する

教育費が増大する時期を把握する

ライフプランを策定するうえで、まずやるべきことは、生活費の大きなウエイトを占める住居費、光熱費、通信費などの固定費の見直しです。

これらは積み重ねると大きな額の支出になります。


また、家計の大きな負担になる教育費をきちんと把握しておきましょう。

区分 公立 私立
幼稚園 66万円 154万円
小学校 193万円 941万円
中学校 144万円 422万円
高校 123万円 315万円


大学
国公立 自宅 556万円
自宅外 857万円
私立文系 自宅 726万円
自宅外 1,009万円
私立理科系 自宅 905万円
自宅外 1,112万円
国公立
医学系
自宅 792万円
自宅外 1,221万円
私立
医学系
自宅 2,974万円
自宅外 3,719万円


文部科学省の調べによると、子どもが中学に進学して以降、多くの場合、家計の貯蓄は減少していき、大学進学時には赤字になるようです。

住宅ローンの返済期間と大学への進学時期が重なるのであれば、それまでに毎月の返済に影響が出ないように目標額を設定し、貯蓄しておくことが重要です。


特に、私立に進学する場合は授業料は年々上昇しているため、今後の負担はさらに増大することが予想されます。

子どもは私立へ進学することを前提に、できるだけ早めに資金計画を立てた方がよいでしょう。




【まとめ】住宅ローンを借りるときの注意点やポイントをすべて解説

住宅ローンは商品であり、購入することは「契約」を意味します。契約後に「やっぱりこっちがいいので契約内容を変更したい」とはいきません。事前に気をつけるポイントを知っておくことで後悔のしない買い物ができま ...

続きを見る





-住宅ローン
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.