おすすめ商品

決算書の読み方がわかるようになる初心者におすすめの本5選

決算書の見方・読み方がわかるようになる初心者におすすめの本5選

この記事では、「決算書の読み方がわかるようになる初心者におすすめの本」を紹介していきます。


決算書が読めるようになれば企業の状態を知ることができ、安定した企業に就職できるようになったり、株式投資で利益を上げられるようになります。

なんとなく、難しいイメージのある決算書ですが、これから紹介する本は初心者向けで定評のある本なので、きっと財務諸表を読むスキルが身につくはずです。


会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方

会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方

Amazonの決算書部門で売れ筋ランキング1位になっている本です。


「決算書を読めるようになろう」と意気込んで専門書を開いてみると、専門的な指標の多さに驚く人は少なくありません。

しかし、この本では初心者にも苦労なく決算書を読めるように、さまざまな工夫がされています。

  • わかりやすい図解
  • 理解しやすい豊富な情報
  • 具体的な事例


会計に苦手意識を持っている人でも、「意外と簡単じゃん」と思えるような本です。


レビュー・口コミ

ぞえさん

決算書を読めるようにしようとした時、本を探そうとするとやたら専門的な指標が出てくることが多い。これがなかなかなハードルである。

しかし、この本では会計初心者でも楽しく決算書を読めるように工夫がされている。わかりやすい図解。理解しやすい豊富な情報。ケーススタディ。様々な点において、ハードルを乗り越えられるように作られている。本当の意味での入門書である。

nishiさん

株式投資には「会計」のスキルが必要なので、簿記のテキストを買って勉強していました。
しかし、簿記のテキストだとどうしても無機質な感じがしてやる気が起きず、苦手意識を強く持っていました。

しかし、この本では
・財務諸表が図で書かれている
→目で見て理解しやすい
・有名企業の財務諸表を使って会計を学べる
→「知っているから読んでみよう」と思える
・会計とビジネスのつながりがわかる
→謎解き感覚で楽しい

という点で、サクサク読み進めることができました。
読み終えてから「会計って意外と面白いじゃん!」と思えたので、会計に苦手意識を持っている人におすすめしたいです。

【残り4件の口コミを見る クリック】

miyan@耳凶器の人さん

多少理解するのに難しい部分は存在しますがそれよりも余りあるほど楽しく読める、素敵な本となっております。

魅力的なのは出てくる企業が実在の企業なのとどうしてそのような形式になるか、ということがきちんと解説されています。

対話形式での進め方となっており、その対話の構成もしっかりと工夫されておりクイズで間違われがちな部分も補足されております。
それと、思わぬ儲け方、形態というのも知ることができるのです。

印象的だったのはキャッシュ・フロー計算書でしょうか。
これだけでもその企業がどの経営状態かを推測できることに驚きでした。

面白く読むことができました。

原 遼太郎さん

本書は二部構成。
まず、財務諸表に関する基礎知識が図解を用いて平易に説明される。
それを踏まえ、実際の企業の数字を用いた会計クイズを解いていくという流れ。

クイズは似た業態のBSの構造を比較するなど様々。いずれのクイズも論点がはっきりしており、読み終えるといつの間にか財務諸表を読み解く力がついている、という考え抜かれた設計が最大のポイント。

まさに最初に出会いたかった会計本であった。
とはいえ、ある程度会計の学習をしてから本書を読むと、今までの表面的な知識が有機的に結びつき、実践的なものになるという実感が湧く。

いずれにせよ、どんな層も手にとって学びがある一冊だ。

ワタナベさん

財務諸表の基礎知識はある程度身に付いている状態で読みました。

まず「はじめに」に書かれていた『会計的分析は有用ですが、これらの数値を計算できるようになることは単なる「把握」のステップに過ぎません』という言葉にドキッとしました。

まさに自分はこのステップで止まっていると感じていました。

会計クイズは数名の参加者の会話形式で進行していきますが、この会話こそが重要でここで自分もこの会話に加わり一緒になって考えることで、単なる数値の把握ではなく事業への理解度がより深いものへと変わっていく感覚、考え方を学べました。

ぴよさん

勉強と言うよりは娯楽として楽しめるので苦になりませんでした。簿記をサラッと学習していることもありスラスラよめました。

また、簿記を初めて学習する方も学習する前に読むことで興味が湧き学習のモチベーションになると思います。

オールカラーで、読みやすい文で書かれており(文が固くない)理解しやすい!世界一楽しいです笑






100分でわかる!決算書「分析」超入門〈2021〉

100分でわかる!決算書「分析」超入門〈2021〉

大判の書籍なので文字が大きく、図やイラストも豊富で初心者におすすめの一冊です。


この本では、会社の活動を人体の活動の様に骨格・筋肉・脂肪・血流などで表現していて、健康な状態とは?不健康な状態とは?と直感的にイメージさせてくれます。

イメージが湧くのでそれぞれの解説が理解しやすく、基本から応用へのステップもスムーズに読み進める事ができます。


かなりシンプルな記載となっており、ざっくり理解するための入門書です。



レビュー・口コミ

太郎DXさん

色々類書を買いましたが、決算書分析については1冊目はこの本を強く推奨したいです。
要点を凝縮しているので決算書の分析手法が森の視点から俯瞰できる。

会計書の多くはいきなり木の視点から入っていく事が多いので道に迷いやすい印象。
そして超入門にありがちな上辺だけをなぞるような本ではなく、本当に知り尽くしているからこそできる要所をついた説明。何回も繰り返して読みたいと思いました。

三太郎さん

かなりシンプルな記載となっており、ざっくり理解するための入門書です。
悪く言うと、正確に理解するための情報が少なく、中途半端な内容です。

私個人は実務でも決算書を読んでおり自称中級者ですが、そういった中級者からすると
例え話が分かりにくく、謎に思考の迂回が発生するので、止めておいた方が無難です。

私自身、継続的に学習しており、入門書でも新しい気づきが得られるのでいろいろ読んで
いますが、例え話が感性に合わず、本書は途中で挫折しました。

会計は触れる回数を増やすことで理解も深まっていくので、初心者の方にはナシではないかと思います。

【残り1件の口コミを見る クリック】

Amazon Customerさん

会社で決算書に関する研修を受け(させられ)たのですが、あまり内容が理解できなかったので、復習のためにこの本を購入して読んでみました。

研修で配られたテキストやそれを題材としたカリキュラムは、決算書そのものの解説やそこで出てくる用語の解説が多く、ただひたすら「理解」し「覚える」ことに追われてしまい、研修が終わったときには辛うじて理解できた断片的な記憶と疲労感だけが残っていました。

この本はそれとは全く違ったアプローチで描かれ、会社の活動をまるで人体の活動の様に骨格・筋肉・脂肪・血流などで表現していて、健康な状態とは?不健康な状態とは?と直感的にイメージさせてくれます。

イメージが湧くのでそれぞれの解説が理解しやすく、基本から応用へのステップもスムーズに読み進める事ができました。

最終章には話題の企業の分析が乗っており、ここまでの解説をより実践的に活用しながらも読み物としてとても面白く書かれていて、研修の様な疲労感はなく、楽しんでいるうちに読み終えた達成感が残りました。

著者のプロフィールを見ると子供に英語を教えているとの事なので、とても教え上手な内容に納得しました。



created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,210 (2021/10/25 18:51:09時点 Amazon調べ-詳細)



80分でマスター! [ガチ速]決算書入門

80分でマスター! [ガチ速]決算書入門

この本では、決算書の基本とも言うべき、

  • P/L 損益計算書
  • B/S 貸借対照表
  • C/S キャッシュフロー表


3つの表(いわゆる財務三表)を見ることができるようになります。

なかなか、理解するのが億劫な3表ですが、「具体的にどの数字に着目して経営すればいいのか?」ということが、図も踏まえてかなりわかりやすく書かれています。


レビュー・口コミ

ともひろさん

大学生時代に出会いたかった本。
非常に読みやすくて、ポイントが的確で無駄がない本。

平易な文章で、かなり踏み込んだところも扱って網羅されているところが、高評価でした!

良顔さん

この本はP/L、B/S、C/Sを理解するうえで一番初めに読んだらよかったと思いました。それにイラストが多いため文字ばかりで嫌気がさすこともなかったです。

ビジネスをする上では数字力が必要です。それを公認会計士であり起業家である金川さんが書いているので経営者からの視線も学べるのであっという間に読んでしまいました。

RIRIMOMOさん

イラストや図解を含めて、具体的にどこの数字に着目して、会計や経営を進く必要があるかがわかります。

P/L (損益計算書)、B/S (貸借対照表)、C/S (キャッシュフロー表)の代表的な3つの表の見方を解説しており、ただの数字ではなく、経営においての流れや状況を数字で把握するヒントが書かれています。

ただ、儲けたい!とどんぶり勘定で進めるのではなく、キャッシュフロー(お金の出入り)が、より適正であるか、課題はないか、など読み取る知識を得ることをできます。

解説の仕方も、とてもわかりやすいので、会計初心者の方にも読みやすいと思います。

【残り3件の口コミを見る クリック】

福嶋一希さん

ガチ速決算書

〜気になった言葉〜
①足し算引き算掛け算割り算で決算書は読めるようになる!
数字に強くなれ!

②決算書とは、会社の成績表。潰れるか伸びるかは決算書見ればわかる。
決算書には損益計算書、貸借対照票、キャッシュフロー計算書がある。

③会社の決算書は、経理部門が作成。嘘を記入すると犯罪になる。
損益計算書を見れば、その会社がどこで無駄遣いしてるのかもすぐわかる。
粗利は売上高から売上原価を引いた値。

④費用は人ものカネにかかる。
キャッシュフロー計算書では、1年間のリアルな金の動きがわかる。

⑤一流の人は会社の決算書が読める。しかし8割の社長でさえも、決算書は読んでいないのが実情。これは学生時代からそのような教育を受けていない事も関与する。
一流のビジネスパーソンは数字に強く、決算書を読みこなし、ビジネスに活かしている。
数字力をアップさせて、営業や交渉で有利に物事を進めよう!

Amazon カスタマーさん

この書籍は
・P/L 損益計算書
・B/S 貸借対照表
・C/S キャッシュフロー表
の3つの表を見れるようになり、決算書の大枠を理解できるのがメリットである。

財務三表の読み方がわかる書籍は多くあるが、
この書籍の良い点は「具体的にどの数字に着目して経営すればいいのか?」
ということが、図も踏まえてかなりわかりやすく書かれている点だ。

これは日本最大の会計事務所での経験を持ち、現在複数事業を展開している経営者の側面を持つ著者ならではの内容になっている。

・営業利益と経常利益の差って何だ?
・うちの会社は借り入れが増えてきたけど、どのように優先順位を付けていこう?
・うちの会社キャッシュフロー表があまり重視されていないのだが、何が課題なのだろう?

といった実際に会社で利益を残そうとすると最初に出てくる問題にやさしく説明をしてくれる。

また個人的に知れてよかった視点は
キャッシュフローの3要素
「営業キャッシュフロー」「投資キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」
のプラスとマイナスの組み合わせで、対象の会社の経営の健康状態がわかる方法だ。

今まではこの方法で企業を見たことがなかったのだが
「儲かっているのか?」
「成長するのか?」
「お金の借り入れの状況は?」
という視点で企業を分析することができ

自分の会社が
・今後成長していくのか?
・潰れる可能性はあるのか?
・財務状況は健康なのだろうか?
といった部分を判断する基準を得ることができた。

Amazon カスタマーさん

今まで税務は 税理士に任せっきりでしたところが節税の部分でかなり損をしていたことが判明したので、自分でも知識を持とうと思い本書を読みました。

本書を読んで聞いたことがある言葉がたくさん出てきましたが、実際には理解出来ていなかった部分が多く、入門編としてはこれぐらいがちょうど良いと感じました。

イラスト図解でわかりやすく書かれていますので、私みたいに税理士に任せっきりの人は、是非、一度読んでみて自分でも税務の知識を身に付けて、税理士と話しをしてみてください。

税理士の反応が変わります(笑)



created by Rinker
扶桑社
¥1,540 (2021/10/25 07:50:50時点 Amazon調べ-詳細)



オールカラー"ギモン"から逆引き! 決算書の読み方

オールカラー"ギモン"から逆引き! 決算書の読み方

本書はオールカラーで、豊富な表とグラフおよび簡潔な説明により、決算書の要点と管理会計での考え方の基礎を学ぶことができます。

また、巻末には沢山の経営指標(ファンダメンタル分析)についても解説していますので、株式投資をするときに多くの人が使っている四季報の財務情報も理解できるようになります。


「決算書を読めるようになって株式投資で利益を上げたい」という人におすすめの一冊です。


レビュー・口コミ

Amazon Customerさん

最近会社の業績が悪いという噂を耳にして、本当に悪いのよく分からなかったので、この本を購入して勉強しました。

決算書から算出出来る色々な指標の説明が分かりやすくまとまっていて、非常に良かったです。

この本を見て、自社の決算書を分析したところ、本当に業績が悪かったので転職しました。

Amazonカスタマー

私は会計や簿記関係のド素人ですが、要点を抑えていて理解しやすかったです。

株式投資をするときに何となく使っていた四季報の財務情報もその意味がはっきりと分かるようになりました。
今では四季報の財務情報だけでなく、決算書の内容も投資に活かせるようになったので、この本には感謝です。

rockieさん

とにかく読みやすく、情報量も豊富です。決算書初学者には本書を横に決算書を読み解かれることをお勧めします。

色々な基本書を見ましたが断トツで本書が理解しやすかったです。ページ下に記載されている豆知識も後の勉強に役立つ内容で手を抜いてない名作です。

【残り4件の口コミを見る クリック】

Pico-Unionさん

決算書を理解することは会社を運営するにも株式投資するにも必要で、そうでなくても社会人ならある程度は知っておくべき。

この本は最低限、かつ最重要な事が非常に分かりやすく書いてあります。決算書の本を読むならこれで間違いないです。

コテツさん

簿記3級を持っていますが決算書の項目順番の見方がよく分からず購入しました。

自分の会社の決算書をみながら読んでいますが順を追って説明しておりとても読みやすいです。おススメです。

Amazon Customerさん

非常に分かりやすく。頭に入りやすい。

経営の応用要素は無いが、押さえておくべき基礎・基本をしっかり説明しており、内容に飽きる前に解説が終わっていて読みやすい。上級者はこの本で基礎を思い出し、初心者はコレを頼りに経営すべき。

向いてない方は、あえてブラックな経営をしている方や、起業したてのグレーな経営状況の人だろう。少なくとも決算書を読み解く必要があるなら購入しない手は無い。

rockieさん

とにかく読みやすく、情報量も豊富です。決算書初学者には本書を横に決算書を読み解かれることをお勧めします。

色々な基本書を見ましたが断トツで本書が理解しやすかったです。ページ下に記載されている豆知識も後の勉強に役立つ内容で手を抜いてない名作です。






ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる

ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる

この本では、会計の知識ゼロの主人公あかねが、アクセサリー販売の会社をつくり、仕事の現場でさまざまな経験をしながら、会計の本質と全体像を学んでいきます。

そこには、お金の流れから会計の仕組みをつかむ、そして、PL(損益計算書)・BS(貸借対照表)・CS(キャッシュフロー計算書)のつながりで会計を理解する、画期的な勉強法があったのです。


レビュー・口コミ

ブリックスさん

著者の子供でわかるようにと書いてありますが、初心者へ徹底してフォーカスしており非常に分かりやすかったです。ターゲットと目的が明確でそのクオリティが高いです。

具体的には、実際に経営者になったら詰まるであろう課題とそれに対してのアクションが重点的に描かれてるので、なぜそれが必要になるのかという背景が理解でき、それが会計の理解へ深めるのに大きく役立ちました。

またストーリーと会計の話のバランスもうまいなと思いました。センチメンタルになりすぎずかといって小難しくもないという絶妙なバランスで、楽しく読めました。

JJJ

「財務諸表の本質・全体像」だけにフォーカスし、枝葉を排する事で、BSとは、PLとは、CSとは、そしてそれらの繋がりや、目的とする事とは、
といったこれまで類書を読んでもイマイチくっきりしていなかった根本部分がクリアになった。

その意義は大きく、若手企業家のストーリー仕立てで伝え方にも工夫をこらしている点なども読み手の理解や読書を継続するモチベーションに繋がっている。

わずか2時間程度で読める事を考えると非常に有益な入門書である。

【残り4件の口コミを見る クリック】

ryosukeさん

経営・会計について知識習得のきっかけとして本書を読みました。
簿記について全く知識のない状態からのスタートでしたが、おおまかには会計の仕組みが理解できました。
本書を繰り返し読むことで、簿記の基本について理解力が上がっていくと思います。

財務3表とはPL、BS、CSのことで、各表についてバラバラに理解するのではなく、財務3表はお互いに相関し合っていることを前提に勉強すれば理解がしやすいということが本書の肝になっています。

ストーリー仕立てで読みやすく、会計初心者の目線で話が進んでいくため、分かりにくい点もその都度説明がなされています。本書の話はおそらく非常にシンプルな例が用いられているので、各表について詳しく知ろうとするともう少し専門的な本で勉強する必要があるとは思います。

私は会計の実践的な本を読むのは本書が初めてでしたので、他の本との比較はできませんが、個人的には非常に分かりやすく、会計は難しいというイメージを少し和らげてくれるような本でした。

つぶあんステーキ

株の勉強を始めて、決算書というものによく出会うようになりました。
しかし、ネットで調べても「そもそも」会社のお金はどこから来てどこへ行くのか、お金の流れが全く見えませんでした。
とりあえずまずは決算書について勉強しようと思いこの本を購入しましたが、期待していた以上にたくさんの疑問を解消することが出来ました。

①会社における具体的なお金の流れ
②財務3表それぞれがあらわすもの、表が3つも存在する意味
③会社が利益を出さなければならない理由
④減価償却は実際にお金が出ていくわけではないけど、実際に出ていくお金はどこに記載するのか
等々

用語について詳しく説明されたものはたくさんありますが、何故それが必要なのか?という背景や概念までわかりやすく説明しているものは中々なく貴重だと思います。
そういったところでよく躓いてしまう方には、入門としておすすめの本だと思います。

う〜むさん

立場上会計についてある程度の知識を持っておく必要がある方は多いと思います。

しかしそういう方々のほとんどは会計畑の出身ではないというのが現実ではないでしょうか。

そして実際のところ、自分がある程度のポジションについたとき、突然会計に関する知識が求められて右往左往する...よくある図ではないですか?で、勉強になりそうな本を何冊か仕入れてきて読み始めるのですが、まあ大体途中で投げ出します。

それはそうですよね。いままで営業等の現場で駆け回っていた人間にいきなり損益計算書や貸借対照表の勉強をしろといわれても、いままでやってきたこととかけ離れているのですから。

そういう方々(わたしも含めてですが)にはもう少し専門的な本との間の橋渡しをしてくれるいわばイントロダクションが必要な訳です。本書はまさにその役目にピッタリの本です。

もちろんイントロですから、本書を読んですぐに会計全般が分かるなどという調子のいい話はありませんが、会計アレルギーを解消して、何となくやれる気にしてくれるという意味では貴重な本であると思います。

あんずジャムさん

ストーリー仕立てになっており、会計素人のわたしでも、スイスイ読める。そして、理解できる。身に付いている感じがします。

投資判断の際に、会社の決算書を読めるようになるために理解する財務3表本が多い中、この本では、事業主目線で会社の経営状態を3表を通じて理解することに重点がおかれています。

なので、起業しようとしている人にはうって受けの一冊。
そして、不動産投資で独立したい人にもお奨めの一冊。



created by Rinker
¥1,188 (2021/10/25 07:50:51時点 Amazon調べ-詳細)







-おすすめ商品
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.