おすすめ商品

新NISAについて学べるおすすめの本5選【2024年版】

新NISAについて学べるおすすめの本5選【2024年版】

NISAとはあなたが投資をした「利益」に「税金がかからない」ようにしてくれる制度です。

これまでのNISA制度にはいくつかの欠点があったため、国民の間にイマイチ普及していませんでしたが、2024年1月から始まった新NISA制度ではそれらの欠点が大幅に改善されました。


新NISAは、これまで「お金を増やしたいとは思っていたけど、どうしたらいいのかさっぱりわからない……」という悩みを抱える多くの日本人にとって、まさに投資への第一歩としてベストな選択肢が設計されたと言っても過言ではありません。


【新NISA完全攻略】月5万円から始める「リアルすぎる」1億円の作り方

【新NISA完全攻略】月5万円から始める「リアルすぎる」1億円の作り方

未経験者の圧倒的支持を受けて、ぶっちぎりで売れている新NISA本です。


コンセプトは「紹介本」であり「攻略本」。

制度がわかっても儲けなければ意味がない。

老若男女、サラリーマンもフリーも、お金持ちも年収300万円の人も、新NISAを使い倒し方を「これでもか!」とかみ砕いて説明。

「初心者本」と銘打たれた本を読んで「わかりにくい」と思った人でも、これを読めば必ずわかります。

貯金オンリー、iDeCoや旧NISAオンリーの方。

本書1冊で新NISAの「始め方」から「儲け方」までオールインワンで身に付きます。


レビュー・口コミ

大変参考になりました

書名が、「1億円」とかやや煽ったようなものだったので、あまり期待せずに読みましたが、今まで何冊か読んだ本の中で一番参考になりました。

教科者みたいな説明だけでなく、客観的な説明と筆者の考えるお勧めが具体的に書かれている現実的な本だったと思います。

NISA以外で補うべきことなんかも書かれていて、大変参考になりました。

参考にしたい書籍

NISAという言葉くらいしか知らないど素人でしたが、この本を読み、1週間後にはネット証券で口座開設し、つみたて投資を始めました。

わからない言葉は時々調べながら読み進めましたが、とりあえず最後まで通して読むことで、すぐ動くことができました。

シミュレーションが多く具体性があってよかったですし、当事者の年齢や状況によって投資先を変えるメリットもわかりやすかったです。

生活が変化した時にまた読み返し、参考にしたい書籍です。

【残り4件の口コミを見る クリック】

目次

第1章 新NISAは「始めなきゃ損!」と煽りゼロで断言できるワケ
第2章 ドルコスト平均法“最強神話” を揺るがす新NISAの【億り人】戦略
第3章 リターンが死ぬほど変わる「頭のいい人」のファンド選定術
第4章 「米国株 vs 全世界株」不毛なマウント合戦の“最終結論”
第5章 「年金+分配金>生活費」の“無敵定年” を最速達成する法
第6章 「インデックスが報われない未来」に備える一つの方法
第7章 「世界一安全な資産」米国債でリスクとリターンを“最適化”

非常に勉強になった

具体的な内容が多々あり、非常に勉強になった。

参考になった点は多数あるが、特に下記点が参考になった。

・生涯非課税投資枠1800万円をできるだけ早く埋め切って、できるだけ長く複利運用することが極めて重要
・ただ単に積立するのではなく、クレカ積立にすることでポイントが還元される
・おすすめファンドは、米国株価指数S&P500や全米株式に連動するインデックスファンド、全世界株式の株価指数に連動するインデックスファンドの2択
・米国株式、全世界株式を選ぶメリット
・S&P500と全世界株式のどちらを選ぶかの考え方
・成長投資枠でも積立投資枠同様に、分配金再投資型のインデックスファンドに投資するのがベストの選択肢

初心者にも分かりやすい

初心者にも分かりやすいと思います。
NISAを始める時に悩んだのがどこに投資をしたらいいかです。具体的におすすめを書いているので分かりやすいです。
個人の状況に応じた金額の決め方や注意事項もあります。
初心者からだんだん慣れてきた時の次のステップや放置で終わらせない意識付けまで書かれてあります。
まず始めてみるならこの本の内容通りでいいと思います。
1億円に関してはその人のお財布事情による気がします。

投資を始められる1冊

入金金額別に何年かけて新NISA枠を使い、老後にどうやって取り崩していくのがトクかが書かれている。
各入金金額でシミュレーションされていてわかりやすい。

また、特に初心者にとっては、何に投資すればいいかがわからないと思うので、それもしっかりフォローされていて、内容に納得できればまずはこの通りにやれば投資を始められる1冊だと思う。

さらに、できるだけ早く枠を使い切るのが大事と書きつつも、最短5年で枠を使い切った時の資産ポートフォリオを見た時の現金比率の低さを例に、預金(現金)と株式等の比率や金額は大切とも書かれていて、お勧めできない例もしっかり載っているところもいいなと思いました。







1時間でマスター!マンガと図解でわかる 新NISAの教科書

1時間でマスター!マンガと図解でわかる 新NISAの教科書

現代人が将来に備えてお金を増やすなら、やらない理由がないと言っても過言ではないNISA。話に聞いたことはあっても、「いつかやる気になったら……」「気になるけどやり方がわからない」という人も多いのではないでしょうか。

重い腰を上げるなら、2024年の神改正は絶好のチャンス!

数多の個人投資家を教え導いてきた著者が、新制度の活用法、買うべき商品、今から始めてどのくらいお金を増やせるかなど、まさに知りたい情報を解説します。

これまでにNISAを利用していた方が、改正にあたりどうしたらいいのか、中上級者向けの投資のコツも紹介します。


やるかやらないかで1000万円単位で差がつくこともあるNISA。

ぜひ本書を読んで、お金の不安から一生自由になりましょう!


レビュー・口コミ

非常におススメの一冊

本屋で様々な新NISAの書籍が置いてありましたが、基本的には、どれも新NISA制度に関しては同じ内容ですね。

その中でもこの本は、各章の冒頭に漫画があって投資の素人でも入りやすいのと、主に「つみたて投資枠」を利用する場合の入門編と、「成長投資枠」を利用する場合の発展編に分かれており、非常に理解しやすい構成となっています。

既に、現状のNISAを利用している人向けにも、今度どうすればよいかなど丁寧に解説しているため、投資の未経験者はもちろん、経験者にも非常におススメの一冊です。

新NISAの良さはとてもわかる

漫画でわかるといっているが、わりと文章も多い。

小難しくされると嫌になるのが常ですが、とてもとっつきやすい内容になっている。

今すぐ始めようか… 始めないと忘れてしまいそう。 新NISAの良さはとてもわかる。

【残り1件の口コミを見る クリック】

もくじ

入門編第1章 投資の王道は長期・分散・積立投資
入門編第2章 新NISAに神改正!
入門編第3章 初心者は積立投資だけをせよ!
発展編第4章 とっても魅力的な成長投資枠
発展編第5章 中上級者向け・投資のコツ






イラストと図解で丸わかり! 世界一やさしい新NISAの始め方

イラストと図解で丸わかり! 世界一やさしい新NISAの始め方

ほっとくだけで、しっかりお金が増えていく!

投資の基礎から始め方、銘柄選び、出口戦略まで、新NISAでやるべきことを完全網羅!


2024年新NISAがスタートし、「なんとなく興味がある」「これを機にやってみたい」という人も多いのでは?

本書を手に取れば、なかなか一歩を踏み出せない人でも、知識ゼロから新NISAを始めることが可能です。


レビュー・口コミ

年代別の戦略を紹介

20代から60代まで、年代別の戦略を徹底解説。

結婚、出産、子育て、老後…ライフステージに合わせて年代別の戦略を紹介しています。

新NISAをもうすでに始めている人も、これから始める初心者の人にも、楽しめる一冊です。

Q&Aで丁寧に解説

初心者がぶつかる疑問点などをQ&Aで丁寧に解説。

「いままで運用していたNISAはどうなる?」
「そもそもなんの銘柄を選べばいいの?」
「夫婦で新NISAはどうやって使っていく?」
「新NISAの出口戦略、どうする?」

など、新NISAで陥りがちな悩みとその対策について、丁寧に、かつ網羅的に掲載しています。

【残り1件の口コミを見る クリック】

もくじ

第1章:新NISAっていったい何なの?
第2章:新NISAでおすすめの商品は?
第3章:新NISAを実際に始めてみよう
第4章:知らないと怖い、新NISAの落とし穴は?
第5章:20代向けの新NISA投資戦略
第6章:30~40代向けの新NISA投資戦略
第7章:50~60代向けの新NISA投資戦略
第8章:新NISAのよくある質問にまとめて回答





新NISAはこの9本から選びなさい

新NISAはこの9本から選びなさい

長期投資のプロが、「新NISA」を使った失敗しない正しい投信の選び方・買い方をアドバイスする資産形成のための入門書。

約6000本ある投資信託の中から、著者が考える基準で厳選した投資信託9本を紹介。

そのうちどれか1本を買って、コツコツ「長期・分散・積立」投資を続けるだけで、お金に困らない十分な資産形成ができます。


レビュー・口コミ

これから投資信託を始めるという人

これから投資信託を始めるという人には、全体状況を知るのに参考になる。

投資信託も、
 eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
 eMAXISSlim米国株式(S&P500)
の2つが、飛び抜けて人気化しているので、9本とか選ぶのも、大変だなーと思う。

9本のうち、2本はセゾンのアクティブ投信が一覧表にあるだけで、本文の説明では作者が関わってない、残り7つの説明している。

7つのうち、4つが全世界株式型。

ただ、7つのうち、どれを選ぶかを考えるのも大変なので、ほったらかし投資術の山崎元さん、水瀬ケンイチさんのように、「eMAXISSlim全世界株式」で良いと言い切ってもらうのも助かると思う。

納得してから新NISAを始めたい人向け

なぜインデックスファンドがよいのか納得してから新NISAを始めたい人向けの本です。

オルカンが良い、みたいな話はネットでいくらでも読めるのですが、ネット情報に流されてなんとなく……ではなく確信を持って積み立てを始めたい人が読むと良いです。

【残り2件の口コミを見る クリック】

もくじ

第1章 どうしたら「お金に困らない人生」を手に入れられるのか

第2章 おトクな制度の中で新NISAが最強の理由

第3章 新NISAを始める前に知っておきたい「投資信託」の「裏知識」 

第4章 誰も教えてくれなかった! 本当にいい投資信託を選ぶ時に大事なこと

第5章 投資信託、新NISAについて本当に知りたいこと

とても分かりやすかった

つみたて投資と成長投資の2本の違い。

選ぶファンド9本。とても分かりやすかった。

ひとまず始めるときは積み立て1本でやってみて、よかったら成長投資も増やしていこう。

まずは1か月の支出と収入を洗い出してどのくらい投資に回せるかを見てみる。分散、長期が投資の大原則。



created by Rinker
¥1,336 (2024/07/20 11:32:48時点 Amazon調べ-詳細)



50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

50歳ですが、いまさらNISA始めてもいいですか?

50代以降の積立投資には注意すべき点があります。

それは――
「リスクコントロール」です。


本書はかなり具体的に、これまでにない「50代以降の投資指南書」として情報を絞り込みました。

日本では珍しい、金融商品の仲介を一切しないファイナンシャル・プランナーである著者が、金融機関への忖度を一切せずに、50代からの着実な投資法をあますところなくお伝えします!


本書を読んで実践すれば、誰もが将来のお金の不安から解放されることは間違いありません。


レビュー・口コミ

投資経験ゼロの50代の方

この本では、投資経験ゼロの50代の方がNISAで効率よく資産を形成する方法をお伝えします。

『分散投資とは「いろいろな種類の株式を買う」ことではなく、「株式以外の投資商品、特に債券も買う」というのが分散投資の基本であると私は考えております。この分散投資をした場合の過去20年間の平均リターンが年利6.1%。S&P500やオールカントリーだけに投資をした場合の11%や8.9%といったリターンに比べれば地味に見えるかもしれませんが、大暴落があったときの回復力の強さという点では、この投資方法を一番おすすめしたいのです。』(P135~136)

50代から投資を始める場合は、株式と債券の割合を半々にすることでリスクを抑えることを提唱しています。

すっと頭へ入ってきます

夫と一緒に読ませていただいています。
以前より投資には興味がありましたが『投資=難しい』という謎の思い込みにより高いハードルを設定していましたが見事に低いハードルへと変化しています。

何より、見やすい・読みやすい。そして、すっと頭へ入ってきます

「とっかかりやすい、私にもできそう」

至るところで納得ができて難しいと思っていた投資が、より身近にそしてやる気へと導いてくれています。

投資関連の本は2冊目の購入なのですが、前の本では全く入ってこなかった導入部分が丁寧に説明されているのも投資に対する思い込みを下げてくれた要因かもしれません。

【残り2件の口コミを見る クリック】

もくじ

第1章 50歳からNISAを始めても手遅れではありません!
第2章 新NISAって何がお得なの?
第3章 なぜ、「50代以降は投資なんてやめておけ!」と言われるのか?
第4章 着実に資産が増えていくNISA活用術
第5章 リスク管理の王道「債券」を制する
第6章 50歳からのNISAの始め方――実践ステップと投資銘柄

資産運用の大きな味方

2024年からNISA制度が大きく改正され、資産運用の大きな味方となった。

50歳以上の人にとっては、運用期間を充分に確保できるか見通しが立たないことから投資を躊躇する人も多いが、ぜひ始めるべきだ。

本書が勧める投資の合言葉は、「分散投資・長期投資・リバランス」の3つである。幅広く分散されたポートフォリオを持つことが重要で、株式と債券を組み合わせることが理想的だ。



created by Rinker
¥1,386 (2024/07/20 11:32:49時点 Amazon調べ-詳細)



-おすすめ商品
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.