投資の知識 決算書

「子会社」「関連会社」「持株会社」の違い【グループ会社とは】

「子会社」「関連会社」「持株会社」の違いをわかりやすく解説


ビギナー
会社の業績を調べるとでてくる、「子会社」「関連会社」「持株会社」の違いってなに?

3つの会社の呼び方は、親会社や子会社との関係で使われる言葉です。
筆者


この記事では、「子会社」「関連会社」「持株会社」の違いについて解説していきます。


「子会社」「関連会社」「持株会社」の違いは、株式の保有率や実質的に支配されているか、などによって異なります。

「子会社」「関連会社」「持株会社」の違い

「子会社」「関連会社」「持株会社」の違い

「子会社」「関連会社」「持株会社」の違いをわかりやすく、簡潔に説明していきます。


子会社とは

子会社とは、株式の50%以上を他社に所有されている会社のことをいいます。


ほかにも、たとえ株式の50%以上を他社に保有されていなくとも、40%以上の株式を保有され、役員などを多く派遣されたり、多くの資金提供を受けるなどして事務や事業方針の決定を支配されている場合も子会社になります。


支配している会社は「親会社」といいます。


関連会社とは

関連会社とは、資金提供や役員の派遣などを受けている会社のうち、子会社以外のことです。


株式の20%以上~50%以下を保有され、実質的に影響を及ばされていれば関連会社となります。

影響を及ぼしている会社は「親会社」となります。


子会社にするかどうかは、会社法や金融商品取引法によって規定されます。


持株会社とは

持株会社とは、他の会社を支配するために設立された、他社の株式を保有するだけの会社のことで、一般的に、持株会社自体は事業活動を行っていない場合が多いです。


持株会社は大きく分けて「事業持株会社」と「純粋持株会社」に分けることができます。


事業持株会社とは

事業持株会社とは、不動産会社が銀行の株を持っているというように、自らも事業を行っていながら他社の株式を持っている形態のことです。


純粋持株会社とは

純粋持株会社とは、株を持つことだけを目的とした会社を指し、この会社は株式の配当が主な収入となります。


グループ会社とは

グループ会社とは

グループ会社の関係には、まず「親会社」がいて、それに支配されている「子会社」や、影響を受けている「関連会社」がいます。


グループ会社とは、資本において親子関係のある一連の会社群のことです。


Aという親会社がある場合、その子会社や関連会社をまとめて、Aのグループ会社といいます。子会社がさらに子会社を持つ場合、A親会社の孫会社と呼び、その孫会社もこのAのグループに含まれます。


子会社・孫会社すべてに対して経営権を持っているのが、親子関係のトップにある親会社というわけです。この会社群をまとめてグループ会社と呼びます。


連結決算書とは

連結決算書とは

連結決算書とは、グループ会社全体を合わせた決算書のことです。

決算書は別称「財務諸表」ともいいます。


グループ会社は、個別の財務諸表のほかに、連結財務諸表を作成する必要があります。

連結財務諸表は親会社が作成することになります。



連結財務諸表の種類には下記の6つがあります。

  1. 連結貸借対照表
  2. 連結損益計算書
  3. 連結キャッシュフロー計算書
  4. 連結包括利益計算書
  5. 連結株主資本等変動書
  6. 連結付属明細書





まとめ

まとめ

「子会社」とは、株式の50%以上を所有され、あるいは役員の派遣や、多くの資金提供を受けるなどして財務や事業方針の決定を支配されている会社のことです。


「関連会社」とは、資金提供や役員などを受けている会社のうち、子会社以外のことです。


「持株会社」とは、他の会社を支配するために設立された、他社の株式を保有するだけの会社のことで、一般的に、持株会社自体は事業を持ちません。



-投資の知識, 決算書

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.