おすすめ商品

正しい文章の書き方が身につくおすすめの本8選【2023年版】

正しい文章の書き方が身につくおすすめの本

文章と人生は切っても切れない関係です。

ライターやプレゼン資料など仕事はもちろんですが、最近ではSNSやブログなど、文章力が求められる場面が多くなっています。


この記事では、正しい文章の書き方が身につくおすすめのを紹介していきます。

評判のいい本を集めましたので、どの本を手にとってもあなたの文章力向上に役立つはずです。


合わせて読みたい記事

語彙力を鍛えることができるおすすめの本6選【2023年版】

この記事では、語彙力を鍛えることができるおすすめの本を紹介していきます。語彙力があれば、類義語や言い換えの言葉をたくさん知っているため、話の内容に合わせて細やかな表現ができるようになります。また、伝え ...

続きを見る

敬語の使い方が身につくおすすめの本5選【2023年版】

この記事では、敬語の使い方が身につくおすすめの本を紹介していきます。学校を卒業して社会に出れば、上司との会話や取引先との電話対応などで正しい敬語が求められます。しかし、学校で言葉遣いについて教わること ...

続きを見る

会話が上手くなるおすすめの本9選【2023年版】

会話は誰にでもできますが、上手にできてるかと言われると、自信をもってYESと答えられる人は少ないのではないでしょうか?この記事では、会話が上手くなるおすすめの本を紹介していきます。コミュニケーションに ...

続きを見る



「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

現役ライターが文章術の名著「100冊」を読み込み、文章のプロが持つ共通のノウハウをランキングで紹介しています。

基本ルールやワンランク上の文章を書くためのポイント、気を付けるとさらに文章がよくなる注意点を紹介します。


メール、LINE、チャット、SNS、プレゼン資料、報告書など、文章力が求められる場面は多いです。

「うまく書けない」「伝わらない」などの悩みを解消します!


レビュー・口コミ

文章の基礎基本が学べる一冊

文章の基礎基本が学べる一冊です。

冒頭から、文章に大切な項目を結論としてまとめてあるので、とても見やすいです。

ベストセラー作品の共通点、goodポイントをまとめているので説得力が有ります。

これから、文章を書く初心者から、ベテランの方までおすすめです!

すべての人に読んで欲しい一冊

将来、ライターの仕事に就きたいと思い、本書を購入しました。

良い例と、悪い例の比較があり、とても分かりやすかったです。
ただの文章術ではなく、心構えも学ぶことができました。

今の時代、SNSを使えば、誰でも世界中の人に向けて、自分の言葉を発信することができます。
たった一言に、傷つくこともあれば、救われたり、背中を押してもらうこともある。
どのように言葉を扱って行けばいいのか、考えさせられました。

すべての人に読んで欲しい一冊です。

【残り5件の口コミを見る クリック】

コツと心構えがまとめられた一冊

文章論の本はこれまで20冊以上読んできましたが、抽象的で役に立たないものも多いという印象です。
そんな中、本書は100冊分析してまとめただけあって、なかなか使える本となっていると思います。

ポイントをランキング形式に紹介しています。
全てのポイントを取り入れようとするとおかしな文章になるので、その文章に相応しいモノを各所に使って行けばいいと思います。

小説を書きたい人よりも、仕事やブログなどで明確に伝わる読みやすい文章を書きたい人に向いています。

いい文章を書くための具体的なコツと心構えがまとめられた一冊です。

この一冊で必要十分

これまで、文章の指南書を沢山読んできましたが、この一冊で必要十分といった感じです。
読んで身に付いた技術がすべて参考資料になってるようです。

読点(、)の打ち方や「は」と「が」の正しい使い分けなど、実に明快に解説されています。
本書を読めば、他人の文章力まで分かってしまうでしょう。

常に手元に置いておきたい一冊です。

必ず読むべき本だと思います

文章スキルを求められる方が必ず読むべき本だと思います。

ワンセンテンス・ワンミーニング、接続詞の用法、主語述語の関係性など、定番中の定番がまとめられています。
これらを意識的に活用すればレポート、資料作りにおいて苦労することはないでしょう。

ただし、知識を得たからといって使いこなせるかは別です。
実際に書いてみると細かい所でつまづくと思います。
それでも、意識しながら数をこなしていくことで、文章力は向上していくでしょう。

必読書と言っても過言ではありません

文章力を上げるためのテクニックがたくさん載っていて、大変参考になりました。

普段自分が書いている文章を見直すきっかけになりました。

本書には、平仮名にした方がいい漢字一覧と、カタカナ語と日本語の対応表が付いています。
「使分けるだけでこんなにも伝わり方が違うのか」と目から鱗でした。

仕事で文章を書くことのある人には必読書と言っても過言ではありません。

Kindleでも購入しようと思います

本書は、文章術の指南書100冊のポイントを一冊に纏めた本です。
最近ではファスト動画などが流行っており、「現代人のニーズに合った作品なのかな」という印象です。

テクニックがいくつも紹介されており、知らないものも多数ありました。
名著をまとめているだけに、納得の内容です。

いつでも参考にできるように、Kindleでも購入しようと思います。






文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック

文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック

文章を書く機会は仕事だけでなく、メールやブログ、SNSなど日常生活に溢れています。

しかし、文章力の有無によって、評価されるという事実を意識している人は少ないのではないでしょうか?


本書は、社会人から学生まで、多くの文章指導の経験によって蓄積された豊富な文例とノウハウをもとに、明快な文章を書くための77のヒントを解説していきます。


レビュー・口コミ

ビジネス文書作成のためのハウツウ

本書は、ビジネス文書作成のためのハウツウとも言える逸品です。

ビジネスシーンで求められる文章は、分かりやすく、簡潔に、削れるものなら一文字でも削るのが基本です。

本書は、文書構成ではなく、一つひとつの「文」をいかに理解されやすく書くか、というミクロな問題に焦点をおいています。

ビジネスマンなら必ず読むべき本でしょう。

上司から添削されることが無くなりました

学校教育で、国語の時間に作文など書くことはありますが、正しい文章の書き方についてはきちんと習わないので、社会人になったらこの手の本を一度は読んだ方がいいでしょう。

社会に出て会社に勤めたりすると、自分で書いた文章を上司などに添削してもらって学習していくことになります。
そうなる前に、この本をざっと読んでルールを覚えたほうが、ずっと早く、ちゃんとした文章が書ける様になります。

この本に書かれていることを実践しているうちに、上司から添削されることが無くなりました。

【残り5件の口コミを見る クリック】

伝えるのが難しいと思っている人におすすめの一冊

これまで、文章術や文章力向上の指南書を沢山読んできましたが、本書は実用性という尺度で測ると相当レベルが高いです。

本書によると、文章力に求められるのは「自分の考えを組み立てる力」「相手(読み手)のことを理解する力」「的確な言語表現力」だそうです。

さらに7つの要素(着想力/連想力/優先順位の判断力/構造的に把握する力/創造性、独自性/人間理解力/言語表現力)で成り立つと説明されています。

本書で紹介されているテクニックを実践しているうちに、少しずつですが伝わる文章が書けるようになりました。

書くことに悩んでいるわけではないけど、伝えるのが難しいと思っている人におすすめの一冊です。

仕事で文章を書くことがあるのなら

上司から「これ纏めといて」と頼まれて書類を提出することがよくあるのですが、ダメ出しをされることが多く、「このままではいかん」と思い本書を手に取りました。

本書を読み、自分の文章がくどくどと余計なことを書いている事を自覚しました。
そして、短い文章で明確に書くことができるようになりました。

コンプライアンスが厳しくなっている現代、文章のダメ出しをためらっている上司もいるかもしれません。

仕事で文章を書くことがあるのなら、一度は文章の指南書を読んでおいた方がいいでしょう。

読みやすい文章を書く技術が述べられている

大学を卒業したばかりの新米ライターです。
書くのが遅いことに悩み、職場の先輩に相談したところ、この本を読んだ方がいいと言われ購入しました。

記載されている77つのテクニックを実践しているうちに、わかりやすい文章が書けるようになります。

ライターをしているのなら、読んでおいて損はない本です。

読みやすい文章を書く技術が述べられてます。

義務教育で教えてもらいたかった内容

本書を読み、自分がどれほど文章力がない人間だったかを実感させられました。

書く力を身につけるために必要な、本当に基本のことが書いてあります。

全部理解して完璧にならなくてもいいから、せめて主語と述語を近づけよう。
また、「てにをは」がわからなかったら、声に出して読んでみよう。

義務教育で教えてもらいたかった内容です。

文章力を身につける方法

文章力を身につける方法は沢山あります。

1.日常的に手紙やエッセイなどを書く
2.本や文章を読む
3.新しい単語を学ぶことで表現力が向上
4.文章の構造を理解することで文章を効果的に構成する






新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

正しい文章の書き方は学校では習いません。

上手に文章を書きたいのなら、指南書などを読みインプットする必要があります。


本書は、ニュースメディアで新人教育を担当する著者が、書ける人が自然にやっている基本を誰にでも学べる方法として伝授します。

企画書、報告書、レポート、ブログ、SNSなどあらゆる文章が飛躍的に向上するでしょう。


レビュー・口コミ

最後まで読ませる文章を書くノウハウ

最後まで読ませる文章を書くノウハウが分かり易く記載されています。

本書で説いているだけあって、読書が苦手な人でも負担なく読み進むことができるでしょう。
文章に特化した国語の授業を受けているような感じでした。

独りよがりの文章を書きたくなることがありますが、文章は伝えるため、つまり読み手のためのものである、ということを強く意識できました。

完読させる工夫がたくさん施されている

仕事で資料作成をすることが多いので本書を購入してみました。

本書を読めば、文章を書くことが苦手な方でも読まれる文章を書けるようになると思いました。

普段何気なく読んでいる文章には、完読させる工夫がたくさん施されているのだと気付かされました。

この本を参考にして、読みやすい試料を作れるように頑張ります。

【残り3件の口コミを見る クリック】

仕事の文書作成やプレゼン資料作りにも活かしていけそう

職場の先輩に、「メールもう少し何とかならない?」と言われ、何とかするために本書を購入。

文章の本だけあってスラスラと読めます。
この本で色々な気づきがありました。

書かれていることを意識することで、読みやすい文章ができるようになったと思います。

何度も読み込んで自分のスキルアップに繋げていけば、仕事の文書作成やプレゼン資料作りにも活かしていけそうです。

読み手のことをどれほど考えているか

冒頭に「芸術的な文章を創作するのには向いていない、実用的な文章を効率よく書き上げたい人に役立つのでは」と書かれている通り、特にビジネスシーンで求められる文章が書けるようになります。
小説とかには使えません。

基本的な文章の書き方から、いい文章に共通している品のよさの理由まで、非常に分かりやすく解説されています。

読み手のことをどれほど考えているか、という今までに無い視点で文章を書く重要さを知ることができました。

文章を書くことへのストレスが大きく減りました

構成や書き方など、文章に関するありとあらゆる情報が詰まってる一冊です。

メールや資料作成をする度に頭を悩ませていましたが、本書を読んで文章を書くことへのストレスが大きく減りました。

「言葉に気を付けたい」と思っている人にはオススメできる本です。

正しい文章の特徴

正しい文書には特徴があります。

1.意図がはっきりと伝わるように文章を構成することが大切です
2. 読者に分かりやすい語彙を使うことが重要
3.文書全体の文体を統一することで読者にとって分かりやすくなります
4.文章の構造を整理することで読者にとって分かりやすくなります
5.適切な文字数で書くことで読者にとって分かりやすくなります






20歳の自分に受けさせたい文章講義

20歳の自分に受けさせたい文章講義

どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることが出来るのかご存じでしょうか?

「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのです。

現役のライターが「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウを伝授します。


「話せるのに書けない!」人のための文章の授業

・話せるのに書けない!
・文章にリズムがない!
・「読みづらい」「わかりにくい」と言われてしまう!
・改行や句読点のコツを知らない!
・文章をどう展開していいか、よくわからない!
・伝わらない!
・書くことが多すぎて、絞りきれない!
・そもそも文才がない!


レビュー・口コミ

もっと早く読めばよかった

文章を書くのが苦手な人には、とても参考になると思います。

本書は、序論+4部構成で、「文体・文章のリズム」「構成」「視点・納得感」「推敲(編集)」について語られています。

社会人として働く中でいろいろな文章を書いてきましたが、改めて自分の書き方、そこに至る思考のプロセスなどを見返すことができました。

もっと早く読めばよかったなと思っています。

この本に出会えて本当に良かったです

ライターの仕事をしており、スキル向上の為に本書を購入しました。

やり方を説明するHow to本というよりも、文章を書く上での考え方や捉え方について多く書かれています。

難しく書かれていないので、20歳と言わず高校生くらいでも読めると思います。

この本に出会えて本当に良かったです。

【残り2件の口コミを見る クリック】

ぜひ一度読んでほしい一冊

これまで、文章の指南書を5冊程読んできましたが、過去に読んできた中で1番の良書です。

良い文章を書くためのテクニックと、文章を書くうえで必要なマインドが書かれています。

・「起承転結」よりも、「起転承結」
・論理展開のマトリョーシカ=「主張」→「理由」→「事実」
・「過去の自分」か「特定のあの人」に向けて書く

文章を書く人はぜひ一度読んでほしい一冊。

基本を見つめ直せる文章指南書

色々なサイトの文章作成のおすすめランキングで挙げられていたので購入してみました。

構成やリズム。文章作成の上で、押さえておくべきことがわかりやすく整理されています。

文章が苦手な人はもちろん、得意な人でも基本を見つめ直せる文章指南書です。

文章を学びたい、文章で仕事をしようと思っている人はぜひ一度読んで欲しいです。






めんどくさがりなきみのための文章教室

めんどくさがりなきみのための文章教室

小説を読むだけで、文章がうまくなる本です。

中学2年生の男の子を主人公にしたストーリーで、「何を書いていいかわからない」を一瞬で解決する方法や、「うまい文章」をスラスラ書く方法などを解説しています。


作文や小説の執筆能力を向上したい人におススメの本です。


レビュー・口コミ

小学5年生の息子の為に購入

小学5年生の息子の為に購入しました。
買い与えた理由は、国語の授業で書いた作文が壊滅的だったからです。

そもそも「この本(小説)を読むことができるのか?」と心配でしたが、問題なく読み進めていました。
文章がユーモラスで簡潔、挿し絵も多く、レイアウトも余裕があって読みやすそうです。

本書を読んで、作文というものがどういうものなのか、ある程度理解したようです。

作文や小論文に対する苦手克服にも役立つ

本書の前半は作文の書き方・練習方法、後半は小説の書き方を指南しています。

文章が書ける人にとっては当たり前のことかもしれませんが、そうでない人には参考になる情報が沢山書いてあります。

お子さんの作文や小論文に対する苦手克服にも役立つと思います。

こんな本に子供の頃に出会えていたら良かったなと思いました。

【残り3件の口コミを見る クリック】

とても分かりやすかったです

趣味で小説を書いている者です。
応募はしていないのですが、どうせなら上手くなりたいと思い本書を手に取りました。

児童も対象にして書かれた指南書なだけあって、とても分かりやすかったです。
物語の設定の仕方や表現方法、更にそのためには日頃からどんな訓練をしたら良いかが示されています。

文章が苦手だな、という意識を持つ全ての人にオススメです。

読書感想文を書く前に本書を読んでおきたかった

子どもの頃から作文が苦手でした。
10数年ぶりに小論文を書くことになり、参考になりそうな本書を読みました。

文章を書く前の注意点や構成の考え方、言葉の選択などを、主人公の成長やダナイとの関係性を楽しみながら学べる内容となっています。

子供の頃、読書感想文を書く前に本書を読んでおきたかったです。

文章を書くことにコンプレックスを抱えている人にはピッタリの一冊だと思います。

書くことに苦手意識を持っている方に

文章を書く基本を優しく学べる本です。

主に小中学生を対象とした作品だと思いますが、大人でも十分参考になりました。
感想文や作文に困った時、お礼状を書く時などに役だつでしょう。

わかりやすくてコンパクトな文章を書くコツがつかめます。
書くことに苦手意識を持っている方に読んで欲しい一冊です。



created by Rinker
¥1,089 (2023/02/02 00:31:26時点 Amazon調べ-詳細)



書く習慣 自分と人生が変わるいちばん大切な文章力

書く習慣 自分と人生が変わるいちばん大切な文章力

今の世の中、ブログやSNS、noteなどのサービスによって、多くの人が文章で自己表現できる時代になりました。

他人の発信を目にする機会も増え、「自分もなにか発信してみたいな」と思う人もいるのではないでしょうか?


最近では、文章力を高める指南書が多数出版されてきています。

しかし、書くことは好きではないと、苦痛と感じるのが普通です。

本書では、あなたの「書きたい気持ち」を高め、「書く」ことを習慣にするためのコツを紹介しています。


レビュー・口コミ

書くことを継続してる人にはうってつけの本

上手に文章を書けるようになりたくて本書を購入しました。

本書は、巷にあふれる文章の書き方のノウハウを指南する本とは少し違います。
書くことを好きになるコツを知ることができます。

書くことへのハードルが下がり、読んでいるうちに書きたくなります。

ライターやブログ、SNSなど、書くことを継続してる人にはうってつけの本でしょう。

気楽に書くことを思い出しました

普段ブログを書いている者です。

誰かが読んでいると意識すると、肩肘張って書けなくなる性分のようです。
始めは良かったのですが、だんだんと読者が多くなり、しだいに書きたいことが書けないようになっていき、いつの間にか文章を書くことが苦痛に感じるようになっていました。

本著を読んで、もっと気楽に書くことを思い出しました。

これからも楽しくブログを継続していけそうです!

【残り3件の口コミを見る クリック】

文書を書く前に尻込みしてしまう人におススメ

こんな文章書いて誰が読むんだろう…
もっと文章力を鍛えてから、
と、文書を書く前に尻込みしてしまう人におススメしたい本です。

本書を読んで、書くことを気軽に楽しみ、書き続けることの大切さを学びました。

ありがとうございました!

発信することのメリット

文章の書き方と言うよりは、書くこと、それを発信することのメリットが書かれています。

読んでいるうちに、「自分も書こう!」という思いになります。

ブログやSNSを、強迫観念から書かなきゃと思い込んでいる人は、一度読んでみると良いかもしれません。

更新頻度も読者数も増えました

断続的に更新を続けていたブログが、なんだか最近楽しくないと感じるようになり、この本を手に取りました。

この本を読んで、もっと気楽に書いていい。書くことは楽しいことなんだ
と、心がすっと軽くなったように感じました。

書くことが楽しいことなんだと感じるようになり、おかげさまで更新頻度も読者数も増えました。

この本は私に、ブログを始めた頃の情熱を思い出させてくれました。



created by Rinker
¥1,386 (2023/02/02 00:31:28時点 Amazon調べ-詳細)



ポチらせる文章術

ポチらせる文章術

本書では、あなたに「ポチらせる文章」の書き方をお伝えします。

ポチる、というと「ネットで商品を買う」という意味で使われる人が多いと思います。


著者はコピーライターです。言葉で商品やサービスを買わせるプロ。


この本には、読まれる提案・キャッチコピー・ボディコピー・商品認知ステージといった、どんな媒体、どんな商品にも有効なコピーのポイントが詰まっています。


レビュー・口コミ

応用でき、即実践できるポイントばかり

最近SNSアフィリエイトを始めた者です。
タイトルに心をやられ、早速ポチりました。

経営学と心理学の基本が詰め込まれている本です。
広告に限らず商品ページの訴求の構成とか、応用でき、即実践できるポイントばかりです。

すぐに読めるようにKindleで購入して良かったと思います。

マーケティング初心者の考え方の幅を広げてくれる

本書は、マーケティングやライティングの知識と技術、そして経験があればある人ほどこの本のレベルの高さに驚くと思います。

高度で専門的な技術を分かりやすく伝えてくれています。
ライティングやマーケティングの本を読んだことの無い人でも、十分理解できます。

マーケティング初心者の考え方の幅を広げてくれる本だと思います。

【残り4件の口コミを見る クリック】

とても参考になりました

ブログアフィリエイトをしている者です。クリック率を上げたくて本書を購入しました。

内容は、訴求力が高い広告にするためのテクニックが、10ほど紹介されていました。

また、そのテクニックを取り入れたテンプレートも複数紹介されており、どれも使えるものなので、とても実用性のある本だと思いました。

言葉で人を惹きつける、興味を持たせることの大切さを実感しました。

とても参考になりました。

もっと早くこの本に出会いたかった

この手の本は初めて読んだのですが、今まで知らなかった情報ばかりで目から鱗です。

沢山の技術を知ることができ、今後の人生が変わっていきそうです。

またテンプレートまで用意されているので、ライティング技術に自信のない方でも、ベテランとそん色のない文章が書けるようになります。

もっと早くこの本に出会いたかった。

売りたいという人にはピッタリの本

文章を使って、なにか物やサービスを売りたいという人にはピッタリの本でだと思います。

よく心理本などに出てくるテクニックが、難しい言葉を使わず分かりやすく解説してくれています。

内容は深い、なのに読みやすい。

初心者さんにうってつけの本です。

唸るほどの技術が沢山記載

仕事のスキル向上のため本書を購入しました。

内容としては、いわゆるQ and A方式でよみやすいです。
読んでいて、なるほど、と思わず唸るほどの技術が沢山記載されています。

早速仕事に取り入れていきたいと思います。
勉強になりました。



created by Rinker
¥1,463 (2023/02/02 00:31:27時点 Amazon調べ-詳細)



セールスコピー大全:見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方

セールスコピー大全:見て、読んで、買ってもらえるコトバの作り方

売れるアイデアの考え方からターゲット別「ドンピシャ訴求」の作り方、キャッチコピーの表現法、広告効果を高める心理テクニックまで、セールスコピーの作り方を具体的に解説していきます。


売れるコピーのコツ100選も収録しています。

・売れる「キャッチコピー」
・思わず読み進めてしまう「リードコピー」
・買う気マンマンにさせる「ボディコピー」
・たった一言で売上が倍増する「オファー」
・失敗しない「広告テスト法」
・読みやすくなる「レイアウトと装飾」
・「紙媒体とWEB媒体」の違いと注意点


レビュー・口コミ

読む前と読んだ後でコピーの考え方が変わります

本書は、実務ですぐに活かせるノウハウがぎっしりと詰めこまれています。

売れるコピーを作り出す仕組みも書かれているので、読む前と読んだ後でコピーの考え方が変わります。

チラシやメール、バナーでも、書いてある事を実行すると、すぐに結果として現れるでしょう。

広告に携わる人なら、一度は読んでおいた方がいいです。

大変参考になりました

広告業界に勤めている者です。
コンバージョンがとれずに悩んでおり、評判のいいという本書を読みました。

マーケティングに関する本は何冊か読みましたが、本書は色んなテンプレが書かれていて、大変参考になりました。

「メリット」と「ベネフィット」の使い方についても丁寧に書かれています。

この違いを知っているだけでも、ブログやホームページでのページビューが大きく変わるように思いました。

ネットが当たり前の時代になっていますが、本書では昔ながらの紙媒体でも役立つ考えがいろいろ盛り込まれています。

【残り3件の口コミを見る クリック】

テンプレートの数が膨大

テンプレートの数が膨大です。

ベネフィットを考えて、テンプレートに当てはめれば、いろいろなとこに応用出来そうです。

実例も豊富に記載されているので、読み込んでいるうちに自分のものにできそうです。

とんでもない情報量でコスパ最高

マーケティングに関する本を5冊程読んできましたが、ベネフィットに関する説明は本書が一番わかりやすかったです。

書籍としてはお値段が高いように感じましたが、とんでもない情報量でコスパ最高です。382p。

タイトルにセールスコピーと書かれていますが、コピーだけでなく、広告の指標、テストの仕方、デザインまで網羅されていて、広告業界で働く人すべての人におススメできる一冊です。

「売れない」「書けない」という自信を失っている人に読んで欲しいです。

セールスライターのテクニック

セールスライターのテクニックにはいくつかあります。

1.ターゲット顧客に向けた文章を作るために、その顧客の心理やニーズを理解することが大切です
2.問題を解決することができる製品やサービスを提供することをアピールすることが大切です
3.製品やサービスのメリットを強調するために、情熱的な描写を使うことが有効です
4.効果的なセールスピーチをするために、説得力のある言葉を使うことが大切です
5.顧客にとっての利益を強調することで、製品やサービスの魅力をアピールすることができます
6.顧客に信頼を持ってもらうために、製品やサービスの信頼性を高めることが大切です






-おすすめ商品
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.