おすすめ商品

敬語の使い方が身につくおすすめの本5選【2023年版】

敬語の使い方が身につくおすすめの本

この記事では、敬語使い方が身につくおすすめのを紹介していきます。


学校を卒業して社会に出れば、上司との会話や取引先との電話対応などで正しい敬語が求められます。

しかし、学校で言葉遣いについて教わることはほぼありません。

正しい敬語を身につけたければ、参考書を読んだり講座を受ける必要があります。


合わせて読みたい記事⇩

語彙力を鍛えることができるおすすめの本6選【2023年版】

この記事では、語彙力を鍛えることができるおすすめの本を紹介していきます。語彙力があれば、類義語や言い換えの言葉をたくさん知っているため、話の内容に合わせて細やかな表現ができるようになります。また、伝え ...

続きを見る

会話が上手くなるおすすめの本9選【2023年版】

会話は誰にでもできますが、上手にできてるかと言われると、自信をもってYESと答えられる人は少ないのではないでしょうか?この記事では、会話が上手くなるおすすめの本を紹介していきます。コミュニケーションに ...

続きを見る

正しい文章の書き方が身につくおすすめの本8選【2023年版】

文章と人生は切っても切れない関係です。ライターやプレゼン資料など仕事はもちろんですが、最近ではSNSやブログなど、文章力が求められる場面が多くなっています。この記事では、正しい文章の書き方が身につくお ...

続きを見る



敬語の使い方が面白いほど身につく本

敬語の使い方が面白いほど身につく本

この本では、国語の教科書に出てくるような敬語の解説や、敬語の間違いばかりをあげつらうことはしません。

ただし、より詳しく敬語を勉強したい方には巻末資料として基礎知識をまとめています。


実は、教科書通りに正しい使い方をしていても、相手を不快にしてしまう言い回しもあるのです。

様々な場面で適切な言い回しを、あなたの言葉で表現することを本書はサポートしていきます。

言葉を覚えるのではなく、磨いていくという発想で敬語を上手に使っていきましょう。


レビュー・口コミ

ジュピターさん

国語の教科書の延長では無い、敬語本に出会えて大変満足しました。

敬語を使う理由は、相手を気持ち良くさせるためです。
相手とはバイト先に来るお客様だけとは限りません。
この本はマニュアル敬語からの卒業を目指す方にオススメです。

敬語とは言葉で敬意を表現するものです。
この本では言葉の枠を超え、敬意を表現する事に関して言葉以外にも物腰や態度に言及していますので、マナー本としても活用できると思いました。

ビジネスにおいて、コミュニケーション能力の高さは問われるところです。
具体的にコミュニケーション能力の高さを示すのは、「相手に気持ちよく仕事をしてもらえているか」どうかです。
敬語の使い方が上手いことはこの点においてかなり役立つスキルなのだという理解を深め、敬語を武器としても使って行こうというモチベーションになりました。

巻末には教科書的な敬語、謙譲語、丁寧語、美化語の説明もあります。

saoさん

・なにかと「~させていただきます」を多用してしまう。
・「いただけますか」と「くださいますか」の違いがよくわかっていない。
私はまさにこの典型だったので、今更ながら「なるほど~」と勉強になることの連続でした。

敬語や丁寧語を使っていても、“相手に対する敬意、誠意が伝わる使い方ができていないとかえって相手を不快にさせ、失礼になることもある”ということにはハッとさせられるものがありました。

国語の教科書のような単なる敬語の種類やその意味を解説をするような内容ではなく、様々な現実場面に応じた適切な敬語の使い分けや、敬語を使う上での本質的な心得が学べるのが、とても実践的で良いと思います。

なんとなく敬語を使っているけど、正しく使えているか自信がない、という方にはオススメの一冊です。

【残り3件の口コミを見る クリック】

ライター希望さん

この本のタイトルどおり、敬語の使い方が面白いほど身につくかどうかは別として、ビジネスコミュニケーションとして大切なことが描かれていた。

新入社員はもちろんのこと、社会人として何年も働いている人にとっても、ビジネスの場の円滑なコミュニケーションを考えるいいきっかけになると思う。

私自身がこの本の中で勉強になったのは、謝罪の仕方で「3つのお詫び、1つの約束」というものだった。

謝罪の際に「まず謝る、言い訳しない、解決策を言う」というのがわりとセオリーだと思っていたのだが、この本では「出来事、原因、相手の気持ち」の3つに対して詫び、今後、同じことを繰り返さないようにするという約束をするという方法を紹介していた。

ポイントを押さえて謝ることで、相手も聞きやすく、誤ってもらっていることが実感できるというものだろう。

ビジネスの敬語関連本だと謙譲語とか尊敬語とかいうものが出てきて、型のようなものを覚えさせられる感じだが、本書は「型」よりは「気持ち」に焦点が当てられていた。

自分は職場の人と円滑にコミュニケーションがとれているのか、考えるためにも一度読んでみてもらいたい。

ちゃぷママさん

オペレーターです。
先日受けたモニタリングの評価が低く、敬語の勉強をし直そうと、この本を読みました。

他の本には書いていない敬語の本質が述べてあると感じます。
私には、心に深く刺ささり、とても参考になりました。

りさん

就職を迎える人にオススメ。

敬語の使い方1つで社会人なのか学生なのかを見られているので、身につけて社会人デビュー👍








新版 電話応対&敬語・話し方のビジネスマナー

新版 電話応対&敬語・話し方のビジネスマナー

ロングセラーの『電話応対&敬語・話し方のビジネスマナー』が令和に合わせてリニューアル。

オールカラーのかわいいイラストとマンガが読みやすい、女性向けの本です。


●新社会人が知っておきたい電話対応マナーをかわいいイラストとマンガで解説
●持ち歩きに便利なB6サイズ
●チャットアプリの使い方など、時代に合わせた新マナーも掲載


レビュー・口コミ

tikoさん

シチュエーション別に例が多くあり、勉強になりました。

手元に置いておくと良いかもしれません。

犬の尾っぽさん

イラストが可愛らしくカラフルで親しみやすいです。

内容が充実しているので新人社内研修の資料として活用しています。外国籍の社員も気に入っています。

旧バージョンから買い直ししました。

【残り2件の口コミを見る クリック】

Amazon カスタマーさん

とても良いです。話し方の基礎が理解できる一冊だと思います。

お勧めです。

カスタマーさん

医療関係の職場に携わっていましたが、この度、事務という全く知識や経験のない職場に変わり、ビジネスマナーや電話応対に慣れるべく、この本を手に取りました。

フルカラーの手書き風なので、読み手からすると、人によってはちょっとゴチャゴチャしていて、どこが要点なのか分かりにくい、と思えるかも知れません。

私個人としましては、基本的な例をイラストや漫画で例えているため、ハードルも低く、楽しく読み進めることができました。
何度も読み直し覚えることを考えると、イラストであれば苦にならず非常に良いと思います。

マナーや敬語は何回も失敗や経験を積んで覚えていくものだと思っていましたが、これは絵本の内容を子どもが何回も読み聞かせる中で自然に覚えることのように頭に入りやすい、と思いました。

様々なケースを学びたい人には物足りないかもしれませんが、言葉遣いの基本や最低限のマナーを知りたい方、活字が多いと読むのが億劫に感じる方、私のような事務初心者の方に、まずはこの1冊から読んでみることをオススメしたいです。



created by Rinker
西東社
¥1,320 (2023/02/02 06:46:04時点 Amazon調べ-詳細)



うまく言おうとすればするほど間違いやすい「敬語」: その言い方、「?」と思われています

うまく言おうとすればするほど間違いやすい「敬語」: その言い方、「?」と思われています

たとえば……

「自己紹介をさせていただきます」
「下線を引かせていただいた箇所について、」
「ご説明させていただきます」……


いくら丁寧でも、こんなに「させていただいて」いれば、聞く人を不安にさせるだけでなく、信頼まで失いかねません。

互いに気持ちよくわかり合うための言い方を、いま一度点検してみませんか。


レビュー・口コミ

Amazon カスタマーさん

「自分はある程度ちゃんと敬語が使えている」そんな自覚を持ちつつ購入。
読んでみると、「存じる」と「存じ上げる」の使い分けなど、日頃よく考えず口にしている敬語の例がたくさん取り上げられていて、とても勉強になりました。

また、ほかの敬語本の大半が「敬語をどんどん使っていこう」というアプローチでまとめられているのに対して、本書は「敬語を減らそう」(日本人は敬語を過剰に使う傾向にあるため)という視点でまとめられていて、他に類を見ない素晴らしい一冊でした。

草原つよこさん

とりわけこの本が秀逸なのは、ただ「間違った敬語」ばかりを取り上げるのではなく、用法的に正しい表現でも、使い方によっては相手に不快感を与える恐れがある、場合にまで言及している点です。

確かに開口一番、「いたしかねます」と言われてあまりいい気にはなりません。

著者はきっと、敬語について造詣が深いだけでなく、気持ちのいいコミュニケーションをされる方なのだと思いました。

【残り2件の口コミを見る クリック】

廣田 来実さん

敬語の本、色々と読んできましたが、どれも慇懃無礼というか、他人の顔色を窺い過ぎる日本語に嫌気がさしていました。

その点、この本は敬語の本質を上手く突いていて、「なるほど」と思わされる部分もしばしば。「〜させていただきます」の使い過ぎ、自分にも思い当たる節があり笑ってしまいました。

普段使いにもビジネスにも、という感じ。良書です。

けんるさん

挨拶や頼み事をするときなど、日常生活の様々なシーンで使う敬語がいろいろと紹介されています。

自分の敬語を見直すきっかけになるかも。面白かったのは

「ゴルフを始めて何年経たれましたか?」──年数に敬意は不要、とのことです。






ゼロから教えて電話応対

ゼロから教えて電話応対

新人の苦手意識ナンバー1の業務は、電話応対といわれています。

でも、コツさえ知っていれば、電話応対は怖いものでもなんでもありません。


本書は、はじめて電話応対をする人でもゼロからわかるように、電話応対の基礎から応用まで、イラストや図をふんだんに交えて解説しています。

電話ならではの言葉の使い方、敬語の使い方から、お問い合わせ、クレームの対応まで、一冊で漏れなくこなせます。


本が苦手な人、新人教育に使いたい人にもおすすめです。


レビュー・口コミ

Reading Explorerさん

これぞ、まさに電話応対のバイブル。

不在対応、伝言、苦情応対等、基礎→応用へと至るシーンの区分けが明解。

かわいいイラストが、やりとりを視覚化、単純化してくれていますので、なだらかな段差でネクストレベルへとケンケンパー。

お助け、でした。

Tiny Voiceさん

新入社員にはぜひ一読をお勧めする。

クレーム対応や、相手が休日の時の掛け方など、細かい場面設定が網羅されているので、こんな時はどうすれば?という疑問に余すことなく答えてくれる。

この本に書かれていることができれば、大抵の場合の電話対応はカバーできる。

【残り5件の口コミを見る クリック】

カスタマーさん

電話対応が苦手なので、評価が高かったこちらを購入しました。

実践的な事が書かれていたので、これから活用したいと思います。

Amazon カスタマーさん

評価が高かったので購入しましたら、思った通り良かったです。電話応対初心者の私にとって為になる一冊です。

海うさぎさん

基本的なことが一通り紹介されていて良かったです。

文書ばかりでなく、イラストが入っているのがわかりやすいと思いました。

社会人として数十年経ちますが、今更ながら基本に立ってやってます。

シロンさん

社交不安障害で電話対応が極端に苦手な私でもこの一冊で克服できました。

掛け方、受け方、留守番電話等あらゆる場面を想定した参考書なので、とても実務的でプライベートな場面でも大活躍です。

社交不安障害の方は周囲の目を気にしないことも大切です。

シュガーさん

年を重ねると、思い込み、自己流の対応をしているのでは?との思いから購入しました。

とても分かりやすく再確認に役立ちました。若い方にも是非読んでいただきたいです。又、社員教育にも役立つと思います。



created by Rinker
¥1,430 (2023/02/02 10:30:24時点 Amazon調べ-詳細)



がんばらない敬語 相手をイラッとさせない話し方のコツ

がんばらない敬語 相手をイラッとさせない話し方のコツ

あなたは気になる? 気にならない?

「田中様でございますね」」
「鈴木部長が参られました」
「この本、読まさせていただきます」
「とんでもございません」


間違った敬語で話すくらいなら、上下関係の敬語をやめてしまおう。
“がんばれば、がんばるほど”間違えてしまう敬語。
もっとシンプルに、相手を敬う気持ちを言葉にしよう。


「話し言葉」と「書き言葉」のプロが教える、自然でやさしい言葉遣い。


レビュー・口コミ

GIエフユーさん

価値観が変わる良書です。

敬語は上下関係のためにあると、固定観念で縛られいた私です。

この本に出会えて距離感だと教えられ、今まで自分が無理やりつかってた敬語から卒業できそうです。

内側と外側という相手との距離感を考え、不快な思いをさせないように、敬う心で接していきたいとおもいました。

ハッピーさん

Amazonで購入
以前から、「丁寧すぎる敬語を使われることで、コミュニケーションの距離が縮まらない。残念だな〜」と思うことがありました。その理由をズバリ解消してくれる本でした。

敬語は難しく考えずに「心のこもった丁寧な言い方を心掛ければよい」と書かれてあり、なんだか安心しました。

「バイト敬語」についても、コンビニに行くたびに気になっていたので、おもしろかったです!

【残り1件の口コミを見る クリック】

okaokaさん

新人研修の講師をしていますが、若手が敬語で困っているという話は年々増えています。

そしてそんな若手を見ていて一番思うのは、敬語の使い方の前に、苦手意識が強いということです。
きちんと敬語を使えるのは大切ですが、もっと大切なのは苦手意識をもたないこと。
本書はそんなアプローチで書かれていて、とても共感できます。

人間関係をやさしくする一冊です!



created by Rinker
日経BP 日本経済新聞出版
¥1,540 (2023/02/02 11:32:30時点 Amazon調べ-詳細)



-おすすめ商品
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.