おすすめ商品

ミニマリストになれるおすすめの本7選【2023年版】

ミニマリストになれるおすすめの本

この記事では、ミニマリストになれるおすすめのを紹介していきます。

皆さんが想像する部屋の断捨離に関するミニマリスト本を多く用意していますが、スマホのアプリや仕事術に関するミニマリスト本も紹介しています!


自分にとって本当に必要な物だけを持つことで幸せになれる、その答えを知る一助になれば幸いです。


合わせて読みたい記事⇩

節約術を学ぶことができるおすすめの本5選【2023年版】

節約と聞くと「我慢」や「苦しい」というイメージがあると思いますが、それは誤りです。そのように感じる節約では心が貧しくなりますし、長続きしません。重要なのは「無理なく続けることができる」方法を見つけるこ ...

続きを見る

お金を増やす方法がわかるおすすめの本7選【2023年版】

お金があれば、好きな所に行けたり、好きなものを食べたりと、自由な生活ができるようになります。「もっとお金が欲しい!」こう思うのが正直なところでしょう。この記事では、お金を増やす方法がわかるおすすめの本 ...

続きを見る



ミニマリストになって、モノを捨てたら「お金」と「時間」が増えた!: 【ミニマリストの入門書】

ミニマリストになって、モノを捨てたら「お金」と「時間」が増えた!: 【ミニマリストの入門書】

あなたが穏やかにストレスなく暮らしたいなら、ミニマリストを目指してみませんか?

ここ数年、より豊かな人生を送るために「ミニマリスト」が注目を集めています。


ミニマリストには誰でもなれます。

ただし、何となく自己流でやるのではなく、考え方とやり方を学んでから始めてください。

「ミニマリストになってライフスタイルを変えたい」
「ストレスなく生活していきたい」
「散らかった部屋じゃなく、シンプルで整理された部屋に住みたい」
「無理なく節約してお金を増やしたい」

そんな人にぜひ最初に読んで頂きたい1冊です。


レビュー・口コミ

久米麻由美さん

いつか使うかも!と思ったものは、本書に出てくるように捨てるようにしておりましたが、何が大切で思い入れがあるかまでは考えていませんでした。

大事なもの、自分にとって魅力あるものに囲まれて生活するのは満足度も高く、私もそんな生活がしたいのでまた捨て活しようと思っています。

Amazon カスタマーさん

保険がいらないとか格安SIMで良いとかは、好みだと思うけれども、不安なほど荷物が多くなるには共感した。

自分もケチと妻から言われるが、使わないものが増えるのが嫌な性格で、読んでいくうちに自分がミニマリストの要素があると感じた。

自分により向き合えう為にこの本を読むことをお勧めする。

【残り5件の口コミを見る クリック】

M Kさん

Amazonkindleで読みましたが、みじかくて読みやすいです。
本が苦手な人でも、大丈夫。
ニミマリストはただ持つものが少ないのではなく、厳選された物しか持たない生活という感じですね。
物を持つ幸福より、体験による幸福の方が高いというのは比較的同意する所がありました。

今の時代、持たなくてもシェアしたり、フリマサイトで手放しやすい環境なのでミニマリストを意識して生活するだけでよいことあると思います。

(Οὖτις)さん

自分にとって本当に大切なものが何か、ということが物理的に明確になる。
限られた場所に限られた収入で生活するのだから、とにかく捨てる。厳選する。

そのサブスク、本当に必要?アマプ○要る?ahamoで良くね?

少しずつ捨てていく。
急がなくてもいいけど、「なにか物を増やすときは何かを捨てる」というルールだけは守ること。

Amazon カスタマーさん

少ないもので暮らすイメージがありましたが、

物を減らすのではなく、スッキリと気分で気持ちよく過ごすヒントがたくさん。

実際の行動実験の結果もあり説得量がありました。

高木洋子さん

普段、整理整頓をしている上で実感できることが、再確認できました。

自分自身、仕事にも慣れ、産休育休中に時間ができ徹底してものを減らしていった時に大切だなと感じたことが再確認できました。

サラッと読めて読者が苦手な私でもすぐ読めました。

Amazon カスタマーさん

ミニマリストとまではいかなくても今持っているもの・使っている時間・生活に対してもっと「これは必要なのか?」を問いかけて、自分の大切にしたいことに時間とお金を使える人生を歩みたいと思った。






手放す練習 ムダに消耗しない取捨選択

手放す練習 ムダに消耗しない取捨選択

モノを減らし、しないことを決めるだけで、お金も時間も自由になる!


本書は「モノを手放すことで人生に余白をデザインする」ことを提案する。

どんどん不要なモノを減らし、少ない固定費(ミニマムライフコスト)で生活し、 労働時間や家事を減らす。

結果、生活に余白ができる。


あとは生活するぶんだけ働いて趣味を楽しんだり、悠々自適にのんびり暮らすもよし。
もっとお金が欲しければ、浮いたエネルギーでスキルを身につけ収入を上げるもよし。
お金のためにエネルギーと時間を切り売りしないで済む権利を持つ。

それが僕の考える「幸せの土台」だから。


レビュー・口コミ

小鳥さん

単に独り暮らしをしたいから少ない荷物で暮らしてみた…そしたらミニマリストになっていたという単純な話ではないことが、本書を読んでよく伝わった。

後悔や苦い思い出、迷いや葛藤の日々があったからこそ、哲学のような著者のミニマリスト論があるのだと思う。

reviewerさん

生きやすくなるヒントが多く書かれている。
ミニマリズムを極めている著者を全て真似する必要はないが、参考になる。
家族、特に小さな子供がいる場合はバランスを取って自分の状況にうまく合わせないといけない。

自分の考えと異なるのは、家に金をかけないというところ。
家が広くて新しいと気持ちがよく幸福感が高まるのでは、と感じたがどうなのだろうか?

本書を読んで、家の片づけを捗らせるマインドの基礎ができた気はする。

【残り5件の口コミを見る クリック】

Georgeさん

アパートで暮らし始めて収納、引っ越しが面倒だなと思って読みました。

参考になることがたくさんあってまさに今実践しているとこです。

自分は服から始めて、次は消耗品と家電に取り組む予定です。

少しづつモノが減ってきて、悩む時間が減ったのを実感してます!

習慣づけができるように捨てることに前向きになろうと思います。

ちきんはーとさん

「身軽になりたい」と思って、最近ミニマリストの方々の動画を見たりしてたら、この本に出会いました。

単に、物を捨てたり、減らしたりする手段を書いてるだけでなく、「〜するために減らしていく」「結果的に〜になっていく」ということがわかりやすく書いてあります。

また、「これから世の中は〜なっていく、なってきている。だから〜していく」というふうに、世の中の流れを的確に読んで、今後の必要性、不必要性も書かれているので、手ぶらなことがいかに今後に役立っていくか、よく分かります。
それに、筆者の実体験に基づいた成功、失敗談も書かれてて説得力もあります。

今は、二回目を読んでますが、大切に持っておいてもう一度読もうと思ってます。(本当は「手放す」べきかもしれませんが笑)

未芽都さん

ミニマリズムの数多くの本の中では一番共感できた本でした。
削るだけではなく、好きなものを所持しても良い、厳選してるから罪悪感が湧かない。
ミニマリズムはアート、芸術のセンスも磨かれる。

取捨選択が極限迄研ぎ澄まされた完成形の生き方です。

Amazon カスタマーさん

今まではミニマリストと言うと、ものを極力持た無いとかお金をできるだけ使わない人の事だと思っていました。

しかしこの本の中にミニマリストとは、自分の楽しみのために出来る限り無駄なものを手放し身軽になる事、身軽になる事で本当にやりたい事に時間とお金を使えるのがミニマリストであると書いてありました。

なるほどと納得させられる1冊で大変面白かったです!

№55さん

彼、ミニマリストガチ勢だと思ってたけど正しくは「ミニマリストの仙人」だと思う。悟りひらいてるみたいな。

前から界隈でも極端な断捨離をする方だな~と感じてて、少しでも彼の感じてる世界を見てみたくて購入しました。

確かに端から見たら極端、だけどそこには自分の経験や、過去の歴史を紐解いて調べた結果納得した上での思考、行動なんだと読んでて気づきました。

自分がどうすれば身軽に、気楽に、それでいて豊かに過ごせるのか追求した彼なりの答えが随所に垣間見える一冊です。



created by Rinker
¥1,173 (2023/02/02 10:21:01時点 Amazon調べ-詳細)



手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

最小限のお金で生きて最大限の自由を手にする。

月間100万PVの超人気ブロガーが教える本当に豊かな人生を送るための「手ぶら」のススメ。


こちらの本は部屋の写真など、ヴィジュアル化して参考にできるので本当にわかりやすくミニマリストデビューされる方は実行しやすいです。

この本1冊読めば十分なほどの情報でミニマリストになれます。


レビュー・口コミ

Amazonのお客様さん

著者であるしぶさんの2冊目「手放す練習」を読んだ後に、こちらの1冊目も読んだ。

流石に4年前の本ということもあってか、2冊目のほうが考察も深く面白いと感じてしまったが、しぶさん個人がミニマリストに至るまでのルーツが知れて一読の価値はあった。

どちらかを読むなら2冊目をおすすめしたいが、こちらの1冊目のほうが分量も少なく手軽に読み進められるので、人によってはこちらのほうが頭に入りやすいのかもしれない。

みいたろさん

物が多くて、部屋が片付かなかったり常に荷物が多く困っていたので、この本を購入しました。

読んだ結果、内容にすごく納得して原因もわかったので早速片付けして気持ちもスッキリしました!

この状態を維持できるように頑張ります!!

【残り4件の口コミを見る クリック】

佐藤さん

断捨離に興味がありたどり着いた本です。

年金制度を当てに出来ない、でも節約ばかりじゃ息が詰まる…
月7万でも充分幸せに暮らせるという生き方を提示してくれる本です!

ここまでストイックには生活できないですが、今までの生き方を根本から見直したくなるそんな本です!
勉強になりました!

Amazon カスタマーさん

ミニマリストになりたい人、ミニマリズムに興味のある方にはとても参考になると思います。色々共感出来ました。

onigiri6.6さん

断捨離やミニマリスト系の本を読むのが好きで、わりといろいろ読んでいます。
そのせいもあり、このノウハウは新しい!といった感動はだんだん薄れてはいるのですが、この種の本には読むたびに自分の価値基準、優先順位を再確認させてくれる効果があると思っています。
本書もそんな本のひとつになりました。

著者がとにかく徹底してミニマリストを追究しているのが魅力です。
自分はここまでできないかもしれません。
でも、日常でいろんな煩雑なこと、めんどうなことがあっても考え方しだいでいくらでもシンプルに生きられると何度も気づかせてもらえるだけで、読む価値はあると思います。

kesuuyoさん

わたしもミニマリストを目指していて、いろいろ取り組み初めてからかなり多くのものを捨てることに成功した。

しかし、減らしても物欲は沸いてくるのである。その正体、そしてそれらとどう戦うかをこの書では説明してくれている。

たくさんの本を読むことも大切だが、しっかり自分の頭で考えて決めることも大切である。もっと本質が落とし込めるようにしっかり読み込もうと思います。






ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ

モノも情報もあまりに複雑化した現代。
そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。
できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。
それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。

生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。
他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。
断捨離からミニマリストへ。
終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。

これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。


レビュー・口コミ

horiyuccoさん

自分自身ミニマリストに近いと思っていたので、他の人はどうなんだろう?くらいの軽い気持ちで購入しました。

もう捨てるものはないというくらい身軽に生活しているつもりでしたが、読み終えて、まだまだ処分できるもの、いろいろ言い訳して捨ててないものがあると気づき、改めて向き合うきっかけをいただいたように思います。

捨てたいけど捨てられないという人もすでに断捨離してる人も是非読んでほしいおすすめの本です!

Narutoさん

この本を読んで、ミニマリストになりました!

この本を通じて「物が多い事が豊かである事ではなく、必要な物は既に持っている事」を学びました!

欲しいと思って買い続けてきた物が、いつしか買う事で満足し、使っていない物がたくさんある事に気づきました。

今持っている物を今以上に大切にしなくてはいけないと思うようになり、必要以上に物を買わなくなりました!

【残り4件の口コミを見る クリック】

uichiroさん

ミニマリストは物が少ないのではなくて、自分にとって必要なモノしか持たない思考なのかと再認識しました。

その思考があることで、必然的にモノは少なくなるのが正しい順番であるように理解しました!

Amazonカスタマーさん

初めてこの本を読んだ時は衝撃的でした。
ミニマリズムというものを学ぶために試しに手に取ってみましたが、素晴らしい本だと思いました。
著者の文章の書き方も読みやすく、伝えたい内容が素直に伝わってきました。さすがは編集者。

やりすぎな面はあるかもしれませんが、人によって「最小限」は違うと語っていますので「家族がいたらできない」「自分にはできない」とレビューしている方は著者が伝えたいことをイマイチ読み取れていなかったのかなと思います。

私はこれを参考にシンプルに暮らすことを始めて心地よい生活を送れています。
物欲に溺れそうになった時はこれを読んでなんとかやっていこうと思いますね。

さーちゃんさん

わたしがミニマリストに興味を持ったきっかけの本です。
よくある「具体的に○○を捨てなさい」というHOWTO本ではなく、モノを減らすこと自体の価値を学べる本です。

ご自身がマキシマリストのところからミニマリストに変わった経験談が書かれており、モノが捨てられない人も納得できる内容だなと思います。

アマタスカ ンゾマアさん

初めて一人暮らしをするのを機に、積ん読になっていたこの本を読み始めました。
本音を言うと、もっと早く読んでおくべきでしたね。
ものを減らすことでいかに筆者の人生が好転していったかが書かれています。

自分は今までミニマリストを「生きるために最小限のものしか持たない人」という風に見ていましたが、この本を読んで「自分にとって必要なものだけを残した人」というふうに考えが変わりました。
例えば、ミニマリストだからといって必ずしもテレビを捨てたり、車を手放す必要はないということです。

自分が変わった点としては、この本を読んでものを手放したことで自分に注目が行くようになり、毎朝ストレッチをしたり食事に気をつけるようになりました。






月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活

月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活

汚部屋を整理すれば「モノ」「人間関係」「お金」のストレスから解放される!


ミニマリストはいまや20代を中心に広くは60代くらいまで、そのライフスタイルを実践しています。

著者は全国のミニマリストたちを丹念に取材し、魅力的な暮らし方を紹介し、ミニマリスト分野ではもっとも視聴されているYouTuber。


本書の特徴としては、今まであまり語られてこなかった「お金」「人間関係」などを取り上げ、より実践的な内容を取り入れました。

また、各パートにはワークを用意し、ミニマリスト実践のイメージがしやすいように工夫しています。


レビュー・口コミ

yokomokoさん

ミニマリストだけど、メンタル面に切り込んで取りくみ方が書かれてあり良かったです。

どういった最後の1年を過ごしたいのか。普段忙しさで大事なことを忘れます。

子供のおもちゃも増えてて刺激が多くイライラしてたので定期的なミニマリストの時間を作ろうと思いました。

Goldfinchさん

モノを減らすのは、ミニマリズムの一面でしかない。

通底しているのは、大切でないものを減らしていくことで、人生で大切なものを大切にするための時間、エネルギー、お金といった資源を取り戻せるということ。

ワークに真面目に取り組めば、最短の時間で最大の効果が得られることは請け合い。

実践的なモノ減らしのテクニックも多く紹介されている。

元気に溢れた語り口。

【残り4件の口コミを見る クリック】

Kindleのお客様さん

ミニマリストTakeruが伝えたいこと👍👍

それは、あなたがモノを減らしたり、捨てたりすることで、あなたらしい人生を生きてほしいということ!

この本の素晴らしいところは、著者のどん底
だった経験をもとに、ものやお金だけでなく人間関係、思考の整理の仕方も教えてくれていること!

自分がこんな人になりたい、こういう夢を実現したい、誰しもありたい姿があるはず。

この本に示されたワークを本気でやると本当に人生が好転しますよ!

Y-kuさん

ミニマリストについての本を初めて読みました。

シンプルな生き方にすごく魅了されました。

「何か変えたい」と思っている方に、是非読んでいただきたい1冊です。

Amazon カスタマーさん

読みやすいです。
いきなりミニマリストになれ!という感じでもなく、モノや自分に対して少し立ち止まって考えさせてくれます。

本に書いてあることを全て実践できなくても気になったところを読み返したり、手元に置いておきたい本です。

読むと掃除したくなるので、部屋が散らかってる人にはオススメかも。掃除のやる気への後押しになるかと思います。

Ayaさん

少ないモノで暮らすことが、どういったメリットがあるのかはもちろん、夢を叶えるためにミニマリストになろう、という考え方にはとても共感できました。

ワークもたくさんあり、すぐ実践できるものばかりです。早く家の片付けをしたくなりました。

何回も繰り返し読みたい本です。






デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する

デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する

やらなきゃいけないことも、やりたいこともたくさんあるのに、SNSがとまらない……。

AppleやTwitterが巧妙に仕掛ける依存の仕組みに抗うには、もはや一時的なデジタル・デトックスじゃ足りない。


これは生き方の問題で、僕らには新しい「哲学」が必要だ。

すなわち、デジタル・ミニマリズム。スマートフォンとSNSから可処分時間/可処分精神を守り、情報の見逃しを怖れず、大切なことを大切にできる思考法=実践法。


1600人超を対象に行なった集団実験から導き出されたメソッド――30日間の「デジタル片づけ」を実行し、あなたもデジタル・ミニマリストになろう。


レビュー・口コミ

KBさん

SNS廃人みたいな暮らしをしていたんですが、同僚にこの本をすすめられて、色々と目が覚めました。

完全に取り入れるのは無理そうだったので、iPhoneに入っているSNSのトータル利用時間を制限するようにしました。

世界が変わった(戻った)気がします。

渡邉大智さん

この本が主張していることは大きく分けて3つある。

1つ目は「スマホの中毒性」について、2つ目は、「デジタルミニマリズムの必要性」、3つ目は、「デジタルミニマリズムの実践の仕方」である。

【残り1件の口コミを見る クリック】

メガネクリーナーふきふきさん

スマホばかり見て時間がもったいないと感じる人にオススメです!

インスタとツイッターのアプリ消しただけで、すごい気が楽になりました。






超ミニマル主義

超ミニマル主義

「余計なコト・モノを手放して身の回りをミニマル化、楽でシンプルな働き方を手に入れるための教科書」です。


筆者は、世にあふれる〝成功法〟を信じていない。

それを実践しても多く場合、「一発屋」で終わってしまうからだ。


20世紀には、誰もが必死に「爆発的な成功」を追いかけたが、21世紀に求められるのは「持続的な成果」。

そのためには、健康な体と長期的な視座、持久力のある集中力を獲得し、最高の状態をキープし続ける必要がある。

その鍵を握るのがサステナブルな働き方の習得だ。そのための全技法を、包み隠さず公開していく。


レビュー・口コミ

Amazon カスタマーさん

仕事術のとっても読み応えのある本。

とっても分厚い本ですが、中身は具体的は方法が詳しく載っていて一つ一つが実践しやすいように書かれています。
ただの時短術本ではなく、ビジネスパーソンの持ち物やコロナ時代だからこそ大切な身の回りの環境整備、そして時間術や仕事の方法などとっても内容が濃い中身でした。

本の最後に「行動が何よりも大切」をあり、書かれている内容一つ一つを行動に移すことで、自分らしい仕事のやり方。
自分らしい人生の選び方ができる本だと感じました。

仕事や人生が上手くいかないと悩んでいる方にとってもオススメです。
続編も期待しつつ、まずは一つ一つを実践していき、より自分らしい働き方と人生にシフトしていきたいと思います!

Amazon カスタマーさん

分厚い一冊の中に、人生を楽に自由に生きるためのメソッドが満載でした。

今日から誰でもはじめられる具体的なメソッドが記載されており、すぐに実践できるものばかり。

数多くのミリオンセラーを生み出した四角大輔さんだからこその一冊と思います。

【残り2件の口コミを見る クリック】

高橋 良弘さん

著者の体験からくる具体的なメソッドが盛りだくさん。
何を買えばいいか、どんなアプリを使えばいいか、最先端の技術とミニマム思考が融合した本。

今までいろんな自己啓発本を読んだが、ここまで内容が濃く、圧倒的に分かりやすい本は初めて

book loverさん

非常に内容が実践的!
読んで即使えるノウハウがこれでもかと詰め込まれている。数ページ読み進めるだけで、値段を超える価値を感じる一冊。おすすめです。



created by Rinker
¥1,693 (2023/02/02 11:59:31時点 Amazon調べ-詳細)



-おすすめ商品
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.