ファンダメンタル分析

売上債権回転率とは?計売上債権回転率を求める計算式と目安

売上債権回転率とは?計売上債権回転率の計算式と目安


ビギナー
株式の購入を考えている会社の商売が、上手くいっているのか知りたい。


販売した商品の代金をきちんと回収できている会社は、商売が上手くいってといえます。
筆者


この記事では、ファンダメンタル分析の一つ、「売上債権回転率」について解説していきます。


売上高営業利益率を理解すれば、企業の「収益性」を知ることができます。



売上債権回転率とは

売上債権回転率とは、「売上高」と「債券」の比率を表したものです。

会社の売上債権の回収が、どの程度効率的に行われているかを知ることができます。


比率にして表すことによって、他社との比較が可能になり、優れた会社を簡単に発見することができます。


売上債権回転率は、通常の営業取引から生じた債権がどの程度滞留しているかをみるための指標で経営の効率性を分析する指標の1つです。


回転率は年間の売上高と期末の売上債権との比率で計算します。回転率が高ければ高いほど売上げから売上債権回収までの期間が短いことを意味し、良い状態です。


債権とは「売掛金」や「受取手形」の合計をいいます。

売上債権回転率は、売掛金に加えて受取手形も含む売上債権の回収具合を知ることができ、より正確に会社の状態を知ることができます。


売上高とは

売上高とは、会社が商品やサービスを提供することにより得られる、売上金額の総額のことです。

売上高は、単に「売上」といったり、「営業収益」といったりもします。


売上とは、商品やサービスの販売によって稼いだ収益金額のことであり、会社の経営における売上の総額が売上高です。

たとえば、単価が100円で販売している商品が1つ売れると、売上高は100円となります。また、決算期間(ある1年間)に商品が10個売れると、1,000円の売上高が計上されます。



売掛金とは

売掛金とは、商品を販売し、その商品代金を支払ってもらっていないことです。


約束の期日が来れば、その分のお金を支払ってもらうことができます。


受取手形とは

受取手形とは、受け取った手形のことです。


期日が来れば手形に記入されている金額を受け取ることができます。期日まえであっても、銀行で現金に変えることも可能です。


売上債権回転率を求める計算式

売上債権回転率の計算式

売上債権回転率の計算式は下記のとおりです。

$$売上債権回転率(回)=売上高÷(売掛金+受取手形)$$


売上債権回転率(回)の数値は、高いほど効率的に債権の回収が行われていることになります。


売上債権回転率を実際に計算してみる

損益計算書 売上高

貸借対照表、受取手形及び売掛金

売上債権回転率を求める計算を実際にしてみましょう。


計算式に必要な「売上高」は『損益計算書』に記載されています。「売掛金」「受取手形」は『貸借対照表』に記載されています。

損益計算書と貸借対照表は、会社のホームページへ行き、IR情報から確認できます。


今回は、トヨタ自動車の決算書を使って売上高営業利益率を計算していきます。

トヨタ自動、車決算2018年4月1日から2019年3月31日まで

$$30,225,681÷2372735=12.73$$


トヨタ自動車の売上債権回転率は12.73回でした。



売上債権回転率の目安と業種別平均

売上債権回転率の目安と業種別平均

業種によって売上債権回転率の平均値は異なるので、他の会社と比較するときは同業種で行う必要があります。

業種別の平均値を知ることで、企業に求められる売上債権回転率の目安がわかります。


主な業種の売上債権回転率は下記のとおりです。

主な業種の売上債権回転率
製造業 5.66回
情報通信業 6.88回
卸売業 6.37回
小売業 12.01回
建設業 9.24回



売上債権回転率を比較する

売上債権回転率を比較する

売上債権回転率を他社と比較する方法を解説していきます。比較する会社には、ふさわしい会社を選ぶ必要があります。


比較会社は会社四季報で確認できる

会社四季報 比較会社

目当ての会社を他社と比較するときに便利なのが、「会社四季報」です。


会社を比較するときに重要なのが、「同業種」であることと「会社規模」が近いことになります。


会社四季報には、上記の条件に当てはまるライバル企業を掲載しています。



売上債権回転率を実際に比較してみる

売上高営業利益率を実際に比較してみる

売上債権回転率を使って実際に比較してみましょう。


トヨタ自動車の場合、比較会社は「日産自動車」「ホンダ」「スズキ」になります。

比較データ2018年4月1日から2019年3月31日のものです。

売上高営業利益率の比較
トヨタ自動車 12.73回
日産自動車 22.59回
ホンダ 20.02回
スズキ 8.68回



まとめ

まとめ

売上債権回転率とは、会社の売上債権の回収が、どの程度効率的に行われているかを示す比率です。

比率にして表すことによって、他社との比較が可能になり、優れた会社を簡単に発見することができます。


回転率は年間の売上高と期末の売上債権との比率で計算します。回転率が高ければ高いほど売上げから売上債権回収までの期間が短いことを意味し、良い状態です。


業種によって売上債権回転率は異なるので、他の会社と比較するときは同業種で行う必要があります。



ファンダメンタル分析、経営指標
【ファンダメンタル分析】経営指標の種類と詳細をわかりやすく解説

この記事では、「経営指標(ファンダメンタル分析)の種類」を解説していきます。経営指標の多くは金額ではなく「比率」で表します。比率にして表すことによって、他社との比較が可能になり、優れた会社を簡単に発見 ...

続きを見る




-ファンダメンタル分析
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.