借金・債務整理

3つの条件に当てはまる人には任意整理がおすすめです

3つの条件に当てはまる人には任意整理がおすすめです

任意整理は債務整理の一つです。どの方法で借金の整理をすればいいのかは、債務者の状況によって異なります。


この記事では、任意整理に適している条件を3つ挙げていきます。

下記の条件にあてはまる人は、任意整理を第一候補にして検討するのがよいでしょう。


また、任意整理は債務整理のなかでもっともデメリットの少ない方法です。その意味でも一番最初に検討すべき整理となります。



任意整理に向いている人の3つの条件

任意整理に向いている人の3つのポイント

下記の3つのポイントにあてはまる人は、任意整理がおすすめです。

  1. 銀行系や大手消費者金融からの借入がメインの人
  2. 借入総額を36で割った金額を毎月返済していける人
  3. ギャンブルや浪費などで借金を作ってしまった人


それぞれわかりやすく解説していきます。


1.銀行系や大手消費者金融からの借入がメインの人

任意整理は債権者との交渉によって、借入額の減額などを交渉して和解を目指すものですが、和解のしやすさは、「債権者が誰か」によって変わってきます。

任意整理は交渉ですから、債権者が和解に応じてくれることが必要だからです。

したがって、債務整理の方法として任意整理を検討する際には、「債権者は誰か」ということが非常に重要な要素になります。


一般的に債権者との交渉においては、返済期間(分割回数)について、概ね3年(36回)~5年(60回)での和解であれば応じてくれることが多いですが、債権者によってはまったく和解交渉に応じてくれなかったり、応じてくれるとしても極めて少ない分割回数でしか対応してくれないこともあります。


一般的に、全国展開している消費者金融、なかでも銀行系の消費者金融業者は資金力も豊富であり、ある程度長期分割に応じてくれる傾向があります。

逆に、奨学金機構や地方の街金、携帯電話会社、学生ローン等は和解交渉に応じてくれないか、応じてくれるとしても極めて厳しい条件での和解にしか応じないという傾向があります。


債務者がもし、大手消費者金融からの借入れがメインだという場合には、任意整理に向いているといえるかもしれません。

ただ、上記はあくまでも一般論なので、個別の債権者の和解のしやすさについては、弁護士等に聞いてみるのがよいでしょう。


経験豊富な弁護士等であれば、過去の交渉実績等からどの債権者がどの程度の分割回数での和解に応じてくれるかの見込を把握しています。



2.借入総額を36で割った金額を毎月返済していける人

任意整理をするのであれば、あなたがきちんと毎月支払っていける範囲の金額で和解をしなければ意味がありません。

和解後に見込まれる債権者への支払総額と、債務者が毎月返済に充てることのできる金額を比較してみましょう。


まず、債務者が毎月支払いに充てることのできる金額を確認します。

手取月収から、家賃や光熱費、食費、住宅ローンがある場合には住宅ローンの返済金などの生活に必要なお金(住宅ローン以外の借金の借金の返済金は考慮に入れなくてかまいません)を引いたら手元にいくら残るかを考えてみてください。


手取月収が25万円で、生活費に毎月20万円かかる方の場合には5万円です。この金額が、債務者が毎月の返済に充てることができるお金(返済原資)の上限になります。

毎月支払っていくわけですから、無理のない範囲で考えてみてください。


次に、住宅ローン以外の借入総額を36で割った数字を出してみてください。

借入総額が100万円であれば、33,333円です。


先述したとおり、任意整理で和解できる分割回数は概ね36~60回であり、和解に応じてくれない債権者や厳しい条件を提示してくる債権者がいることを考慮すれば、36回分割程度が任意整理できるかどうかの1つの目安になります。

上記が、任意整理を行った場合の毎月の目安返済額となります。


債務者の返済原資と任意整理後の目安返済額のどちらが多くなったかを確認しましょう。

返済原資のほうが多い場合には、任意整理で進められる可能性が高いといえます。


逆に、返済原資よりも目安返済額の方が多くなってしまう場合には、自己破産個人再生といった別の方法も視野に入れていかなければなりません。


もちろん、長期の分割払いに応じてくれる債務者もいるので、返済原資よりも目安返済額のほうが多くなった方でも、任意整理が絶対にできないわけではありません。

詳細は、債務整理に強い弁護士に相談してみましょう。


借入額から見る任意整理をすべきかの目安

  • 借入総額が300万円なら・・・毎月83,333円返していけるか?
  • 借入総額が200万円なら・・・毎月55,555円返していけるか?
  • 借入総額が100万円なら・・・毎月33,333円返していけるか?



3.ギャンブルや浪費などで借金を作ってしまった人

借金の原因がギャンブルや過度の浪費である場合、自己破産では借金がなくならない可能性があります。


任意整理は任意の交渉ですから、借金の原因は特に問題とされません。

借金の原因に問題があり、自己破産では借金を無くせない可能性のあるような方は、任意整理が向いているといえます。



まとめ

まとめ

任意整理にはメリット・デメリットがあり、自分の借金の整理に任意整理が適しているのか判断が難しいです。

その判断をできるように、わかりやすく記事にしました。


下記の3つにあてはまる人には債務整理がおすすめです。

  1. 銀行系や大手消費者金融からの借入がメインの人
  2. 借入総額を36で割った金額を毎月返済していける人
  3. ギャンブルや浪費などで借金を作ってしまった人


まず、知っておいてもらいたいのが、和解のしやすさは「債権者が誰か」によって変わってくるということです。

一般的に、全国展開している消費者金融、なかでも銀行系の消費者金融業者は資金力も豊富であり、ある程度長期分割に応じてくれる傾向があります。


次に、返済額の問題です。和解後の返済額をきちんと返していけなければ、債務整理をする意味がありません。

任意整理で和解できる分割回数は概ね36~60回であり、和解に応じてくれない債権者や厳しい条件を提示してくる債権者がいることを考慮すれば、36回分割程度が任意整理できるかどうかの1つの目安になります。

任意整理は、借入総額を36で割った金額を毎月返済していける人におすすめです。


最後に、ギャンブルや浪費などで借金を作ってしまった人です。

借金の原因がギャンブルや過度の浪費である場合、自己破産では借金がなくならない可能性があります。

任意整理は任意の交渉ですから、借金の原因は特に問題とされません。借金の原因に問題があり、自己破産では借金を無くせない可能性のあるような方は、任意整理が向いているといえます。



-借金・債務整理
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.