住宅ローン

住宅ローンの事前審査・本審査では何を、どう見ているのか?

住宅ローンの事前審査・本審査では何を、どう見ているのか?

住宅ローンを借りるためには、審査に通る必要があります。

審査は「事前審査(仮審査)」と「本審査(正式審査)」の2回行われ、本審査が住宅ローンの正式な申し込みとなります。


この記事を読めば、住宅ローンの「審査の基準」「事前審査と本審査の違い」などを知ることができます。



審査基準は「担保価値」や「収入」だけでは決まらない

審査基準は「担保価値」や「収入」だけでは決まらない

提携ローンにせよ、非提携ローンにせよ、住宅ローンを借りるには、金融機関の審査に通らなければなりません。

審査は「希望の融資額を返済する能力が申込者にあるか」を見極めるために行われます。

このことから、審査項目は多岐にわたります。主な項目は下記のとおりです。

  • 物件の担保価値
    ➝ 返済不能時にいくら回収できるのか

  • 収入
    ➝ 月々いくらくらい返済できそうか

  • 他の借金の額
    ➝ 返済に回せる金額のうち、住宅ローンの返済に充てられるのはいくらくらいか

  • 個人信用情報や税金の納付状態
    ➝ 過去に問題を起こしていないか。約束が守れるか

  • 勤め先と勤務形態
    ➝ 安定した収入が見込めるか

  • 完済時の年齢や健康状態
    ➝ 最後まで返済し切れるか


上記のことを総合的にチェックして判断をします。

ですから、仮に年収が600万~700万円あっても、クレジットカードの引き落とし口座への入金が遅れ、過去の何度も引き落としに間に合わないようなことがあると、審査に通らないケースも出てきます。



金融機関ごとに審査基準は異なる

金融機関ごとに審査基準は異なる

続いて審査の流れを見てみましょう。

購入したい物件と希望の住宅ローン商品が決まったら、金融機関の窓口やネットから借入の申込みを行います。


審査は大きく2回あって、まず正式に契約を結ぶ前段階として「事前審査(仮審査)」があります。

提出する書類等は収入や勤続年数など簡単なもので、融資が可能かどうか、おおまかな当たりをつけるものです。


事前審査を通過すると、「本審査」に進みます。

販売会社と物件の売買契約を結んだ後、金融機関に正式に融資を申し込んで行われます。

事前審査よりもチェックは細かく、審査の結果、希望借入額に届かなくても、自己資金で不足分を賄えるのであれば、融資を受けることが可能です。


なお、金融機関はもちろん、保証会社も何社もあって、審査基準はそれぞれです。

そのため、ある金融機関の住宅ローンで審査に落ちたとしても、ほかの金融機関で似た条件の住宅ローンを申し込んだところ、あっさりと審査が通ることも珍しくありません。


一つがダメでも、簡単にあきらめる必要はりません。



事前審査と本審査の主な違い

事前審査と本審査の主な違い

〈それぞれの審査に必要な書類〉

種類 審査段階 必要書類 入手先
申込に
関する書類
事前審査 ・事前審査申込書(インターネットでも入手可能)
・個人情報および個人信用情報の取り扱いに関する同意書
金融機関
本審査 ・住宅ローンの「借入申込書」
・団信信用生命保険申込書兼同意書
本人確認
書類
事前審査 ・免許書、パスポート、
マイナンバーカードのコピーなど
市役所役場など
本審査 ・住民票、印鑑証明書など
収入に
関する書類
事前審査 ・源泉徴収票、確定申告書のいずれか 個人(紛失時は勤務先、税務署)
本審査 ・住民税課税証明書、特別徴収税の決定通知書、
納税証明書(金融機関が指定するもの)
・職務経歴書、給与明細書、給与証明書
(個人または勤務先が制作)など
・住民性:市町村役場
・特別徴収税:個人
・納税証明書:税務署
物件の
確認書類
事前審査 ・販売用のチラシ、パンフレット、間取り図 販売会社、不動産会社など
本審査 ・不動産売買契約書、重要事項説明書のコピー
・謄本、公図、地積測量図、住宅地図
・工事請負契約書・見積書、平面図、
配置図(金融機関が指定するもの)など
・契約書:不動産会社など
・謄本など:法務局
・工事請負契約書など:施行会社、設計者など
その他   ・他に借り入れがある場合は、返済予定表のコピーなど  




事前審査(仮審査)

  • 用意する書類
    ➝ 本人確認書類、収入証明書類など、その人自身の情報についての書類が中心。実際の提出書類は少ない

  • 審査内容
    ➝ 返済負担率(収入に占める返済額の割合)、借金の有無、個人信用情報など。簡単な担保の評価もあるが、申込者の返済能力の確認が中心

  • 審査にかかる日数
    ➝ 翌日~1週間程度




本審査

  • 用意する書類
    ➝ 本人確認書類、収入証明書などのほか、物件に関する書類など、細かいものが必要。実際に書類を提出する

  • 審査内容
    ➝ 事前審査の審査項目に加えて、物件の担保価値や健康状態(団信に加入できるか否か)など。融資予定の資金の回収リスクの評価が中心

  • 審査にかかる日数
    ➝ 1~3週間




【まとめ】住宅ローンの審査にまつわる情報をわかりやすく解説

住宅ローンを利用するときは必ず審査(事前審査・本審査)を受けることになります。住宅ローンは審査申込が通らないと、また別の銀行の審査の手続きから始める必要があり2度手間になってしまいます。そこで、事前に ...

続きを見る




-住宅ローン
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.