住宅ローン

事前審査とは?住宅ローンの事前審査で調べられる内容を解説

【住宅ローン】ローンを申し込む前に確認しておく事項

住宅ローンを借りるためには、審査に通る必要があります。

審査は「事前審査(仮審査)」と「本審査(正式審査)」の2回行われ、本審査が住宅ローンの正式な申し込みとなります。


申込みにあたっては、審査で認証されやすい環境をつくっておくことが重要です。



審査の際には個人信用情報が見られてしまう

審査の際には個人信用情報が見られてしまう

住宅ローンを利用する場合は、金融機関の店舗やインターネットを通じて「事前審査」の申込みを行います。

いずれの場合も「個人情報の取扱いに関する同意書」に署名・押印して提出(またはクリック)することが必要です。

これを受けた、金融機関(もしくは保証会社)は住宅ローンを申し込んだ人に関する一定の個人情報をチェックすることになります。


銀行の場合、全国銀行個人信用情報センターが下表のような個人信用情報を管理しており、審査の際にはこれ等の情報が照会されます。

情報の種類 内容 登録機関
取引情報 ローン、クレジットカード、保証等の契約内容や返済情報 契約期間中、および完了区分発生日から5年を超えない間
返済履歴情報 残高情報と入金区分の履歴 直近の2年間
官報情報 個人の破産・民事再生などの官報掲載情報 破産等の手続き開始決定日から、10年を超えない期間
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名の別人が登録されている旨の本人からの申し立て 申告から5年を超えない期間
照会登録情報 会員(金融機関等)から照会があったことを記す記録 照会日から1年を超えない期間。ただし、会員への回答は新規与信判断の照会では6ヶ月を超えない期間


一般的な個人信用情報では、「取扱情報」と「返済履歴情報」が特に重要で、現在借りている各種融資の契約内容や返済状況などはここで確認できます。


また、「照会記録情報」は金融機関が個人情報にアクセスした記録です。

直近で照会した記録が登録されている場合は、他の金機関でも住宅ローンを申し込んだ可能性が高いため、審査を急いでくれるかもしれません。


一方で、借り換えにあたり以前の照会記録情報があると、そこで承認されなかった可能性があると判断され、審査が慎重になるかもしれません。



全国銀行個人信用情報センターの主な情報の返済状況を示す区分

  区分 表示の区分と内容
返済
区分
遅延
解消日
完了
区分
内容
契約中の状況を示すもの 成約     契約した
延滞     返済が遅延した
延滞完了日     遅延分を返済した
契約の終了または、これに準する状況を示すもの 完了     完済または解約した
代位弁済     代位弁済を受けた
保証履行     保証会社が代位弁済した
強制回収手続き     強制回収手続きをとった
保証債務未履行     連帯保証人に請求したが、返済を受けられなかった
移管     債券を譲渡した
一括化     クレジットカードに債権を集約した


自身の個人情報が不安な場合は、借入れ等の内容・支払状況などや、情報が現在登録されているか、またどのように登録されているかを、輸送で確認できます。

手数料に1,000円が必要になります。


手続き等の方法は、全国銀行個人信用情報センター「0120‐540‐558」で確認してください。



住宅ローン審査を通りやすくする方法

住宅ローン審査を通りやすくする方法

個人信用情報機関には、他にも信販・クレジットカード系の「CIC」や、消費者金融系の「日本信用情報機構(JICC)」があり、情報の相互共有を行っています。

延滞情報があると住宅ローンの借り入れは難しくなるため、気になる方は自身の登録情報の開示を請求し、確認してみましょう。


また、年収などの状況によっては、自動車ローンなどを事前に一括返済したり、カードのキャッシング与信枠を減らす(場合によっては使用していないカードを解約)などの対応をとっておいた方がいいでしょう。



【まとめ】住宅ローンの審査にまつわる情報をわかりやすく解説

住宅ローンを利用するときは必ず審査(事前審査・本審査)を受けることになります。住宅ローンは審査申込が通らないと、また別の銀行の審査の手続きから始める必要があり2度手間になってしまいます。そこで、事前に ...

続きを見る




-住宅ローン
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.