住宅ローン

都市銀行・信託銀行の住宅ローンの特徴

都市銀行・信託銀行の住宅ローンの特徴

この記事では、「都市銀行・信託銀行の住宅ローンの特徴」を解説していきます。


都市銀行とは、普通銀行のなかで、東京や大阪などの大都市に本店を構え、広域展開している銀行のことです。略して都銀(とぎん)と呼ばれたりもします。


信託銀行とは、「銀行業務」のほかに「信託業務」と「併営業務」を行っている銀行のことです。

信託業務とは、信託銀行等の信託兼営金融機関や信託会社が、個人や企業などの法人が持つ財産を信託の設定により受託者に移転させて、その財産を管理・運用することを指します。

併営業務とは、遺言の保管や遺言執行業務などの相続関連業務、企業の株主の名簿を管理する業務などの証券代行業務、不動産の売買の仲介業務などのことを指します。


住宅ローンは一般的に、購入する物件が支店等のエリア内にあることが条件とされています。

そのため、全国津々浦々に支店を持つ三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などの都市銀行や信託銀行は住宅ローンの借入先の筆頭になります。



【2021年版】住宅ローンを組む前に読んで欲しいおすすめの本6選

住宅は非常に大きな買い物です。絶対に失敗したくないと考えている人が殆どでしょう。そのために必要なのは事前のリサーチです。この記事でおすすめする本は、住宅ローン・住宅購入で失敗しないための情報が詰まった ...

続きを見る



審査の基準は緩く、結果も早い

審査は基準は緩く、結果も早い

都市銀行の住宅ローンは、販売会社や不動産会社の提携ローンとして採用されることも多く、安心して利用できるイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。


都市銀行で住宅ローンを借りる場合、特徴として真っ先に挙げられるのは、店舗数が多く、手続きをするのに便利な点です。

対面で相談できる住宅ローンセンターや、電話での無料相談窓口も設置されていて、わからない点を確認しやすいところは、ネット銀行等にはない強みといえます。


規模が大きいだけに、審査が厳しいというイメージがあるかもしれませんが、ネット銀行などに比べると通りやすくなっています。

保証会社が付きますし(ネット銀行では付いていないところも多い)、規模が大きいぶん逆に顧客の獲得に積極的だからです。


審査のスピードについても、ほかの金融機関よりも早めです。

事前審査であれば、多くの場合申し込んだ翌日~3営業日以内に結果が出ます。


また、自分や勤務先がその銀行の得意先なら、交渉の結果次第で好条件のローンが組める可能性もあります。

このような融資のよさも、ネット銀行にはない大きなメリットとなります。

給与の振込口座として利用しているだけでも、審査で差が出ることもあるので、マイホームの購入を考えた時点で口座を作っておくとよいでしょう。



金利は低めに設定されている

金利は低めに設定されている

マイナス金利が導入された2016年2月以降、主要な大手銀行が住宅ローンの金利を下げ始めました。


たとえば、10年固定金利の場合、同年 2月に三井住友銀行が 1.05%➝ 0.9%へ引き下げたのを皮切りに、2月 18日にりそな銀行が、2月 22日にみずほ銀行が同じく引き下げを行い各銀行での競争が始まりました。


それ以降も住宅ローンの超低金利が続いています。

企業の貸出残高に伸び悩む銀行にとっては、住宅ローンの顧客は重要な収益源ですし、長期にわたり安定した経営をもたらします。


ただし、自営業者などには審査が厳しくなり、自己資金が 20%以上ないと最優遇金利を受けられないところもあります。

自営業者なら地銀、信金、信組などのほうが審査が通りやすいでしょう。



ネットで申込めば金利が優遇

ネットで申込めば金利が優遇

どの都市銀行も、昨今はネットからの申し込みの受付に力を入れています。

パソコン経由で住宅ローンを申し込めば金利が優遇されるプランもあります。


たとえば、みずほ銀行では店頭で申し込むのと、ネット経由で申し込むのでは、変動金利と固定期間選択型の優遇金利が 0.025%の差があります。


よくわからなければ、詳しい説明は店頭で聞き、申込はネット経由で行うことで、店舗を多く構えている都市銀行の強味を活用できます。



都市銀行のメリット・デメリット

都市銀行のメリット・デメリット


都市銀行のメリット

  • 店舗が多いため、手続きの不便が少ない。住宅ローンセンターなどで情報収集ができる
  • 豊富な商品のなかから自分に合った商品を選べる
  • 審査の結果が出るのが早い
  • 窓口や電話での対応が丁寧で親切
  • ネット経由でも申し込みが行え、店舗での申し込みより金利が優遇されるところもある


都市銀行のデメリット

  • 商品名がわかりづらい。どれが得なのかよくわからない
  • 商品が多く、説明を聞かないと内容が不明
  • 自営業者の場合、審査が厳しい


 

【2021年版】住宅ローンを組む前に読んで欲しいおすすめの本6選

住宅は非常に大きな買い物です。絶対に失敗したくないと考えている人が殆どでしょう。そのために必要なのは事前のリサーチです。この記事でおすすめする本は、住宅ローン・住宅購入で失敗しないための情報が詰まった ...

続きを見る

【まとめ】住宅ローンの借入先の種類とその特徴をわかりやすく解説

この記事では、「住宅ローンの借入先の種類」を解説していきます。住宅ローンの借入先は「民間ローン」と「公的ローン」で大きく9系統あります。借入先によって、金利が低めだったり審査が厳しかったりと特徴があり ...

続きを見る




-住宅ローン
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.