ファンダメンタル分析

固定比率とは?固定比率の計算式と業種別平均

固定比率、ファンダメンタル分析、計算式、目安、業種別平均、



ビギナー
株式の購入を考えている会社が倒産しないか知りたい。


固定資産を自己資本でまかなっている会社は、倒産の危険性が低いといえます。
筆者



この記事では、ファンダメンタル分析の一つ「固定比率」について解説していきます。


固定比率を理解すれば、会社の「安全性」を知ることができます。


 

ファンダメンタル分析ができるようになるおすすめの本5選

この記事では、「ファンダメンタル分析が分かるようになるおすすめの本」を紹介していきます。ファンダメンタル分析ができるようになると、割安株を見つけることができるようになり、株式投資で利益を上げることがで ...

続きを見る



固定比率とは

むしめがね

固定比率は、固定資産に投資した資金が返済義務のない自己資本ででどれだけまかなわれているかを見るための指標です。


固定比率は「自己資本」と「固定資産」の比率を表したものです。

比率にして表すことによって、他社との比較が可能になり、優れた会社を簡単に発見することができます。


固定比率が100%を超えていれば、自己資本と借金で固定資産を調達しているということになり、100%を下回っていれば固定資産をすべて自己資本でまかなっているということになります。


固定比率をみれば長期の安全性がわかります。

会社での大きな買い物といえば、建物や設備などの固定資産なので、できれば返済の必要のない自己資金で購入することが理想です。


固定資産に投入した資金は、長期間かけて回収されるのものだからです。それにもかかわらず、回収よりも短い期間で返済しなければならない借金が含まれていれば、資金繰りで困窮することになります。


自己資本とは

固定比率を求める計算式に必要な「自己資本」について解説していきます。


自己資本とは、貸借対照表の「純資産の部」の「株主資本」「 評価・換算差額等 」「 新株予約権 」の合計です。

なお、自己資本利益率(ROE)自己資本比率などの計算時は、「純資産の部」から「新株予約権」を除く場合もあります。


自己資本のほとんどを「株主資本」が占めます。



固定資産とは

固定比率を求める計算式に必要な「固定資産」について解説していきます。


固定資産とは、会社で長期間使う目的で購入した資産のことです。自社で販売する資産のように転売を目的として購入したものではない資産です。


自社で使うことを目的として、20万円以上で購入されたことに加えて、1年を超えて使う場合が固定資産になります。


ほかにも、1年を超えて現金化される資産も固定資産に含まれます。



固定比率の計算式

固定比率、計算式、ファンダメンタル分析、目安

固定比率の計算式は下記のとおりです。

$$固定比率(%)=(固定資産÷自己資本)×100$$


固定比率は、100%を下回れば固定資産がすべて自己資本でまかなえていることを意味し、長期的に見ても安全な会社ということができます。

一方、100%を上回っているほど、借金に頼っているということになります。


固定比率を実際に計算してみる

貸借対照表、固定資産

貸借対照表、自己資本

固定比率を求める計算を実際にしてみましょう。


計算式に必要な「自己資本」と「固定資産」は『貸借対照表』に記載されています。会社のホームページへ行き、IR情報から確認できます。


今回は、トヨタ自動車の決算書を使って固定比率を計算していきます。


トヨタ自動、車決算2018年4月1日から2019年3月31日まで

$$(10,685,494÷20,565,210)×100=51.95%$$


トヨタ自動車の固定比率は51.95%でした。



固定比率の目安と業種別平均

固定比率の目安と業種別平均

業種によって固定比率の平均は異なるので、他の会社と比較するときは同業種で行う必要があります。


業種別の平均値を知ることで、企業に求められる固定比率の目安がわかります。


主な業種の固定比率は下記のとおりです。

業種別の固定比率(平均)
旅館業 743.17%
電気業 405.18%
民営鉄道業 388.95%
水運業 282.58%
農業 252.44%
食料品製造業 239.12%
娯楽業 234.96%
木材,木製品製造業 234.64%
ガス業 170.28%
道路運送業 163.85%
繊維工業 163.47%
不動産業 150.93%
倉庫業 146.55%
漁業 143.36%
運輸に付帯するサービス業 132.93%
映画業 128.764%
石炭鉱業 128.46%
パルプ,紙,紙加工品製造業 113.14%
窯業,土石製品製造業 105.53%
石油製品,石炭製品製造業 102.16%
小売業 97.37%
非鉄金属製造業 94.65%
輸送用機械器具製造業 91.27
金属製品製造業 90.53%
鉄鋼業 82.92%
出版,印刷,同関連産業 80.06%
金属鉱業 77.08%
電気機械器具製造業 75.34%
ゴム製品製造業 73.33%
化学工業 65.05%
一般機械器具製造業 61.27%
通信業 60.20%
建設業 57.46%
その他の製造業 51.70%
精密機械器具製造業 48.64%
卸売業 45.96%
林業 44.47%
その他サービス業 42.25%
原油,天然ガス鉱業 40.75%
航空運輸業 28.04%
保険業 23.87%
銀行,信託業 19.77%
証券業 10.96%
皮革,同製品製造業



固定比率を比較する

固定比率を比較する

固定比率を他社と比較する方法を解説していきます。比較する会社には、ふさわしい会社を選ぶ必要があります。


比較会社は会社四季報で確認できる

会社四季報 比較会社

目当ての会社を他社と比較するときに便利なのが、「会社四季報」です。


会社を比較するときに重要なのが、「同業種」であることと「会社規模」が近いことになります。


会社四季報には、上記の条件に当てはまるライバル企業を掲載しています。



固定比率を実際に比較してみる

売上高営業利益率を実際に比較してみる

固定比率を使って実際に比較してみましょう。


トヨタ自動車の場合、比較会社は「日産自動車」「ホンダ」「スズキ」になります。


比較データは、2019年3月期の決算要旨です。

固定比率の比較
トヨタ自動車 51.95%
日産自動車 130.50%
ホンダ 152.60%
スズキ 103.71%



まとめ

まとめ

固定比率は、「自己資本」と「固定資産」の比率を表したものです。

比率にして表すことによって、他社との比較が可能になり、優れた会社を簡単に発見することができます。


固定比率をみれば長期の安全性がわかります。


固定比率は、100%を下回れば固定資産がすべて自己資本でまかなえていることを意味し、長期的に見ても安全な会社ということができます。

一方、100%を上回っているほど、借金に頼っているということになります。


ファンダメンタル分析ができるようになるおすすめの本5選

この記事では、「ファンダメンタル分析が分かるようになるおすすめの本」を紹介していきます。ファンダメンタル分析ができるようになると、割安株を見つけることができるようになり、株式投資で利益を上げることがで ...

続きを見る




-ファンダメンタル分析
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.