ファンダメンタル分析

売上高経常利益率とは?売上高経常利益率の目安と計算式

売上高経常利益率、計算式、業種別平均、



ビギナー
株式の購入を考えている会社の商売が上手くいっているのか知りたい。


経常利益が黒字の会社は、商売が上手くいっているといえます。
筆者



この記事では、ファンダメンタル分析の一つ「売上高経常利益率」について解説していきます。


売上高経常利益率を理解すれば、会社の「収益性」を知ることができます。



売上高経常利益率とは

売上高経常利益率とは

売上高経常利益率は、「売上高」と「経常利益」の比率を表したものです。


金額ではなく、比率としてあらわすことによって、他社と比較することが可能になます。

売上高経常利益率を見れば、ライバル企業と比べて「優れているのか」「劣っているのか」が、ひと目でわかります。


売上高経常利益率は、「本業の事業」と「副業の財務活動」から稼ぎ出す利益についての収益性が判断できますので、会社全体の強さが判断できます。

売上高経常利益率が高いほど、総合力の高い会社を意味します。


例えば、A社、B社ともに売上高が100億円であり、経常利益はA社が20億円、B社が10億円だとすると、A社の売上高経常利益率が20%、B社の売上高経常利益率が10%ということになります。

両社とも同じ売上高でありながら、実際はA社の方が2倍効率よく稼げていることになります。つまり、A社の方がよい会社ということになります。


売上高とは

売上高経常利益率を求める計算式に必要な、「売上高」を説明していきます。


売上高とは、企業の主たる商品やサービスを提供することによって得られた売上の合計額です。売上と呼ばれることもあります。


例えば、単価が100円で販売している商品が1つ売れると、売上高は100円となります。
また、決算期間(ある1年間)に商品が10個売れると、1,000円の売上高が計上されます。



経常利益とは

売上高経常利益率を求める計算式に必要な、「経常利益」を説明していきます。


経常利益とは、企業が事業活動全体で稼いだ利益のことです。


経常利益は、企業が事業全体から経常的に得た利益を示します。事業全体から得た利益ですので、本業以外の財務活動などによる収益と費用も反映させます。


経常利益は、売上高から「売上原価」と「販売費及び一般管理費」を引いた金額に、「営業外収益・営業外費用」を加算減算して算出します。



売上高経常利益率は会社力の高さをあらわす

売上高経常利益率は会社力の高さをあらわす

売上高経常利益率を見れば、会社力を判断することができます。


会社の利益は、「本業で稼ぐ『営業利益』」と「本業以外で稼ぐ『営業外利益』」があります。


売上高経常利益率は、原材料を仕入れ製品を作って販売する本業の活動に加え、資金運用や資金調達といった本業以外の面も含めた会社全体の活動を示すのものなので、会社力の高さを判断できます。


売上高経常利益率の計算式

売上高経常利益率、計算式、業種別平均、

売上高経常利益率の計算式は下記のとおりです。

$$売上高経常利益率(%)=(売上総利益÷売上高)×100$$


売上高経常利益率が高いほど、事業活動全体で効率よく稼げていることを意味しています。


売上高経常利益率を実際に計算してみる

損益計算書、売上高、税金等調整前当期純利益、売上高経常利益率

売上高経常利益率を求める計算を実際にしてみましょう。


計算式に必要な「売上高」と「経常利益」は『損益計算書』に記載されています。会社のホームページへ行き、IR情報から確認できます。


今回は、トヨタ自動車の決算書を使って売上高経常利益率を計算していきます。


トヨタ自動、車決算2018年4月1日から2019年3月31日まで

$$(2,285,465÷30,225,681)×100=7.56%$$



トヨタ自動車の売上高経常利益率は7.56%でした。



売上高経常利益率の目安と業界平均

売上高経常利益率の目安と業界平均

業種によって売上高経常利益率の平均は異なるので、他の会社と比較するときは同業種で行う必要があります。


業種別の平均値を知ることで、企業に求められる売上高営業利益率の目安がわかります。

主な業種の売上高経常利益率(平均)
原油,天然ガス鉱業 22.58%
銀行,信託業 14.75%
運輸に付帯するサービス業 8.21%
通信業 6.96%
金属鉱業 6.88%
保険業 6.62%
ゴム製品製造業 6.57%
化学工業 6.24%
一般機械器具製造業 5.89%
映画業 5.73%
娯楽業 5.05%
精密機械器具製造業 4.91%
輸送用機械器具製造業 4.90%
金属製品製造業 4.88%
ガス業 4.75%
民営鉄道業 4.19%
不動産業 4.13%
出版,印刷,同関連産業 4.01%
倉庫業 3.98%
小売業 3.97%
石炭鉱業 3.94%
木材,木製品製造業 3.92%
その他サービス業 3.87%
窯業,土石製品製造業 3.84%
電気機械器具製造業 3.81%
パルプ、紙、紙加工品製造業 3.67%
食料品製造業 3.61%
繊維工業 3.35%
林業 3.18%
鉄鋼業 3.12%
非鉄金属製造業 3.09%
航空運輸業 3.07%
石油製品,石炭製品製造業 2.78%
農業 2.44%
道路運送業 2.39%
水運業 1.57%
卸売業 1.434%
旅館業 1.27%
漁業 1.20%
皮革,同製品製造業 -1.71%
電気業 -3.53%
証券業 -5.18%
その他の製造業 -63.43%
建設業 -204.61%

 


売上高経常利益率を比較する

売上高経常利益率を比較する

売上高経常利益率を他社と比較する方法を解説していきます。比較する会社には、ふさわしい会社を選ぶ必要があります。


比較会社は会社四季報で確認できる

会社四季報 比較会社

目当ての会社を他社と比較するときに便利なのが、「会社四季報」です。


会社を比較するときに重要なのが、「同業種」であることと「会社規模」が近いことになります。


会社四季報には、上記の条件に当てはまるライバル企業を掲載しています。



売上高経常利益率を実際に比較してみる

売上高営業利益率を実際に比較してみる

売上高経常利益率を使って実際に比較してみましょう。


トヨタ自動車の場合、比較会社は「日産自動車」「ホンダ」「スズキ」になります。


比較データは、2019年3月期の決算要旨です。

売上高経常利益率の比較
トヨタ自動車 7.56%
日産自動車 4.72%
ホンダ 6.16%
スズキ 7.70%



まとめ

売上高経常利益率は、「売上高」と「経常利益」の比率を表したものです。

「本業の事業」と「副業の財務活動」から稼ぎ出す利益についての収益性が判断できますので、会社全体の強さが判断できます。


業種によって売上高経常利益率は異なるので、他の会社と比較するときは同業種で行う必要があります。



ファンダメンタル分析、経営指標
【ファンダメンタル分析】経営指標の種類と詳細をわかりやすく解説

この記事では、「経営指標(ファンダメンタル分析)の種類」を解説していきます。経営指標の多くは金額ではなく「比率」で表します。比率にして表すことによって、他社との比較が可能になり、優れた会社を簡単に発見 ...

続きを見る




-ファンダメンタル分析
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.