ファンダメンタル分析

売上高付加価値率とは?売上高付加価値率の目安と計算式

売上高付加価値率とは?売上高付加価値率の計算式と業種別平均

この記事では、ファンダメンタル分析の一つ「売上高付加価値率」について解説していきます。


売上高付加価値率を理解すれば、会社の「生産性」を知ることができます。


 

ファンダメンタル分析が出来るようになるおすすめの本5選

この記事では、「ファンダメンタル分析が分かるようになるおすすめの本」を紹介していきます。ファンダメンタル分析ができるようになると、割安株を見つけることができるようになり、株式投資で利益を上げることがで ...

続きを見る



売上高付加価値率とは

売上高付加価値率とは

売上高付加価値率とは、売上高に占める付加価値の割合を見る指標です。


売上高付加価値率を見れば企業がモノやサービスを販売したときに、どれだけ付加価値をつけることができたのかがわかります。


比率にして表すことによって、企業の年度毎の成長やライバル企業との比較が可能になります。


付加価値率が高いということは、企業が原価に利益を上乗せすることができたということになり、効率よく利益を出せていることになります。


付加価値とは

付加価値とは、読んで字のごとく、付け加えられた価値のことです。商品やサービスが本来持っている価値に、プラスして付け加えた価値が付加価値になります。


たとえば、独自のルートで商品を得たり、独自技術によって製品を開発したりするなど、他社とは違う方法によって生み出された価値のことです。



付加価値額の求め方

売上高付加価値率を求める時に必要な「付加価値」ですが、計算するには金額を知る必要があります。


「付加価値額」は下記の方法で求めることができます。


付加価値額を求めたい場合、決算書損益計算書)に記載されている、人件費 、金融費用 、 減価償却費、賃借料 、租税公課、経常利益の合計ということになります。


小売業や卸売業のような「仕入れて売るだけの場合」ならば、売上高から売上原価を差し引いた金額の「売上総利益」=「付加価値額」と考えて大丈夫です。


※企業の業績は決算書に記載されていますが、決算書に「付加価値」という項目はありません。


売上高付加価値率の計算式

売上高付加価値率の計算式

売上高付加価値率の計算式は下記のとおりです。

$$売上高付加価値率=付加価値額÷売上高×100$$


売上高付加価値率の数値は、高いほど原価に利益を上乗せできていることになり、効率よく稼げていることになります。


売上高付加価値率を実際に計算してみる

売上高付加価値率を実際に計算してみる

売上高付加価値率を求める計算を実際にしてみましょう。


計算式に必要な情報は損益計算書に記載されています。損益計算書は会社のホームページへ行き、IR情報から確認できます。


今回は、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの決算書を使って売上高付加価値率していきます。

2019年2月期決算短信〔日本基準〕(連結)

$$1,096,784÷5,508,600×100=19.91%$$


セブン&アイ・ホールディングスの売上高付加価値率は19.91%でした。



売上高付加価値率の目安と業種別平均

売上高付加価値率の目安と業種別平均

業種によって売上高付加価値率の平均は異なるので、他の会社と比較するときは同業種で行う必要があります。


業種別の平均値を知ることで、企業に求められる売上高付加価値率の目安がわかります。


下記の情報は2018年のモノです。

売上高付加価値率の業種別平均
全業種 17.8%
教育,学習⽀援業 47.0%
複合サービス事業 39.4%
宿泊業,飲⾷サービス業 37.7%
学術研究,専⾨・技術サービス業 36.5%
サービス業(他に分類されないもの) 35.4%
鉱業,採⽯業,砂利採取業 32.4%
情報通信業 26.7%
運輸業,郵便業 25.7%
農林漁業(個⼈経営を除く) 23.6%
不動産業,物品賃貸業 20.5%
建設業 19.2%
医療,福祉 18.5%
製造業 17.4%
⽣活関連サービス業,娯楽業 16.9%
電気・ガス・熱供給・⽔道業 15.3%
⾦融業,保険業 15.3%
卸売業,⼩売業 10.8%



売上高付加価値率を比較する

売上高付加価値率を比較する

売上高付加価値率を他社と比較する方法を解説していきます。比較する会社には、ふさわしい会社を選ぶ必要があります。


比較会社は会社四季報で確認できる

会社四季報、比較会社、総資本回転率とは・目安・業種別平均・計算式、ファンダメンタル分析、

目当ての会社を他社と比較するときに便利なのが、「会社四季報」です。


会社を比較するときに重要なのが、「同業種」であることと「会社規模」が近いことになります。


会社四季報には、上記の条件に当てはまるライバル企業を掲載しています。



売上高付加価値率を実際に比較してみる

総資本回転率とは・目安・業種別平均・計算式、ファンダメンタル分析、比較

売上高付加価値率を使って実際に比較してみましょう。


セブン&アイ・ホールディングスの場合、比較会社は「ローソン」「ファミマ」「イオン」になります。

比較データは2019年の1年間です。

売上高付加価値率の比較
セブン&アイ・ホールディングス 19.91%
ローソン
ファミマ 24.86%
イオン 27.63%

 


まとめ

まとめ

売上高付加価値率とは、売上高に占める付加価値の割合を見る指標です。

売上高付加価値率を見れば企業がモノやサービスを販売したときに、どれだけ付加価値をつけることができたのかがわかります。


業種によって売上高付加価値率の平均は異なるので、他の会社と比較するときは同業種で行う必要があります。


ファンダメンタル分析が出来るようになるおすすめの本5選

この記事では、「ファンダメンタル分析が分かるようになるおすすめの本」を紹介していきます。ファンダメンタル分析ができるようになると、割安株を見つけることができるようになり、株式投資で利益を上げることがで ...

続きを見る





-ファンダメンタル分析
-

Copyright© お金にまつわる情報局 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.